データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・1回】藤浪、制球を乱し初回2失点。打線も金子の前に無得点

2017/03/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 金子千尋対藤浪の先発で始まった1回は、対照的なイニングとなった。
 
 先頭の山田が中前に安打を放ち出塁するも、2番菊池は犠打失敗。この日3番に入っている青木は見逃し三振に倒れる。4番筒香も一ゴロに打ち取られ、2014年沢村賞右腕の前に無得点に終わった。
 
 先発の藤浪はボール先行の投球となり、制球に苦しんだ。先頭の西野に四球を与え、その後盗塁を許し無死二塁とピンチを作る。そして2番安達の犠打の藤浪が悪送球し、四球とエラーで1点を失う。また、3番吉田正の打席では安達が盗塁を決め、4番ロメロも安打を放ち、5番T-岡田を三飛に打ち取るも、6番小谷野にこのイニング3つ目となる四球を与え1死満塁のピンチを作るが、7番伊藤を二ゴロ併殺に打ち取り、初回は2失点に留めた。
 
 前回の阪神戦でも先発・武田が制球を乱す場面があっただけに、再び四球絡みで点を許す形となってしまった。
 
【オリックス】
金子 12球
 
【侍】
藤浪 21球
 
本塁打


 
バッテリー
【オリックス】
金子千尋-若月
 
【侍ジャパン】
藤浪-小林