データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・4回】先頭青木初ヒットも後続が続かず0点。牧田は汚名返上の2回パーフェクト

2017/03/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 2巡目を迎える侍ジャパンは、先頭青木がこの回から登板している左腕岩貞の初球を捉え中前安打。アメリカ帰りでも順調な調整が進んでいることを見せつけた。続く2番・菊池は変化球を捉えるも、わずかのところで高山に捕られ左飛。しかし、3番・坂本が二遊間に内野安打を放ち、1死一二塁とチャンスを作るも、4番・筒香が5-5-3の併殺打に倒れ、チャンスを活かすことができずに4回も0点で攻撃を終えた。
 
 一方の牧田はこの回もテンポよく阪神打線を抑える。7番・大山を初球で打ち取ると、8番・梅野も3球で一ゴロ。9番・板山を右飛に抑え、2回を完璧に抑えた。牧田は28日のCPBL選抜戦は2回4失点と炎上したが、今日は完璧な投球を披露した。
 
スコア
4回裏終了 阪神タイガース 3-0 侍ジャパン
 
【阪神】
  メッセンジャー 35球
岩貞 15球
 
【侍】
  武田 53球
  牧田 21球
 
本塁打


 
バッテリー
メッセンジャー、岩貞 – 梅野
武田、牧田 – 小林dd