データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球・ドミニカ代表、メキシコ戦の5回に先制 メルキー・カブレラが豪快適時打、巨人所属のサンチェスは無失点投球【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド メキシコ ー ドミニカ>(30日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技3日目が30日、横浜スタジアムで行われ、第1試合でメキシコ代表とドミニカ代表が対戦。

 試合は、雨が降る中でのスタートとなった。ドミニカの先発は、巨人に所属するエンジェル・サンチェス。初回から2死二塁のピンチを背負ったが、無失点とした。対するメキシコ先発テオドレ・スタンキエビチも、2死から安打を打たれたが、後続を断った。
 
 その後も両投手の好投が続いていたが、5回に均衡が破れる。ドミニカは、先頭の8番チャルリエ・バレリオが二塁打でチャンスメイク。2死三塁と局面は変わり、2番メルキー・カブレラ外野手の左翼フェンスに直撃する適時打で先制点を奪った。
 
2020東京五輪野球競技<出場国代表選手一覧、試合日程・会場・トーナメント表>






  • 記者募集