データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:JR東日本

【きょうの都市対抗2021】11月29日の出場チーム、対戦カードは?<大会2日目>|第92回都市対抗野球大会

2021/11/29

 第92回都市対抗野球大会が29日、東京ドームで大会第2日を迎える。対戦カード、試合開始時間は以下の通り。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   ■1回戦 第1試合(10時00分開始予定) 北海道ガス(札幌市) ー セガサミー(東京都)   第2試合(14時00分開始予定) Honda熊本(大津町) ー JR東日本(東京都)   第3試合(18時00分開始予定) 伯和ビクトリーズ(東広島市) ー 四国銀行(高知市)   【都市対抗野球2021】組み合わせトーナメント表(勝ち上がり表)... 続きを見る


【注目選手】廣畑敦也、山田龍聖、和田佳大…2021年社会人ドラフト指名候補は?<投手・野手>|2021年プロ野球ドラフト会議

2021/10/08

投手 廣畑敦也(三菱倉敷オーシャンズ) 山田龍聖(JR東日本) 森翔平(三菱重工West) 渡邉一生(BBCスカイホークス) 八木玲於(Honda) 川瀬航作(日本製鉄広畑) 吉村貢司郎(東芝) 柴田大地(日本通運) 手塚周(SUBARU) 森井絃斗(セガサミー) 大江克哉(NTT西日本) 小孫竜二(鷺宮製作所) 野手 和田佳大(トヨタ自動車) 中川智裕(セガサミー) 水野達稀(JR四国) 藤井健平(NTT西日本) 向山基生(NTT東日本) 中村健人(トヨタ自動車) 添田真海(日本通運) 杉崎成輝(JR東日本) 山本卓弥(Honda熊本) 辻本勇樹(NTT西日本) 【ドラフト最新情報一覧に戻る ... 続きを見る


JR東日本・山田龍聖(やまだりゅうせい)とは。高卒社会人入りの急成長見せる最速153キロ左腕【ドラフト2021】

2021/09/29

 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、社会人野球・JR東日本の山田龍聖投手。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    山田は、西條中、高岡商業高を経て、JR東日本に入社した満21歳の左腕(左打)。身長182センチ、体重80キロ。(JR東日本野球部のHPより)  高岡商業高時代には、3度甲子園の土を踏んだ。特にエースとして迎えた3年夏には、チームをベス ... 続きを見る


栗林良吏、田澤純一…2020年社会人、独立リーグのドラフト注目選手は?<投手編>【ドラフト2020】

2020/10/16

 10月26日に行われるプロ野球ドラフト会議を目前に控え、ドラフト候補選手の動向に注目が集まっている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今回は、主に即戦力として期待される社会人、独立リーグの注目選手15名から、投手8名を紹介していく。 【次ページ】社会人、独立リーグドラフト注目投手8名... 続きを見る


JR東日本・田嶋は2球団競合の末オリックスが交渉権獲得 2年連続で社会人投手をドラ1指名

2017/10/26

 10月26日、2017年度のプロ野球ドラフト会議がグランドプリンスホテル新高輪で行われ、田嶋大樹投手は西武・オリックスの2球団の競合の末、福良淳一監督が当たりくじを引き当てて交渉権を獲得した。    オリックスは2013年ドラフトでもJR東日本からドラフト1位で吉田一将投手を指名しており、昨年の山岡泰輔投手に続いて2年連続で社会人出身選手のドラフト1位の交渉権を獲得した。    くじを引き当てた福良監督も満足そうな表情を浮かべていた。社会人No.1左腕と称された田嶋は、今年の山岡のように、1年目から球団の期待に応えることはできるだろうか。... 続きを見る


32年ぶり11連勝。カープ田中広輔、黙して語らずプレーに没頭する勇ましさ――ドラフトに振り回された経験が礎に

2016/06/30

セリーグ首位を走るカープは、6月29日の東京ヤクルト戦でも8-1で勝利。84年以来、32年ぶりの11連勝を飾った。今季は上位打線を固定できているのが好調の要因につながっている。特に田中広輔は今季「1番・遊撃手」の地位を確立した。... 続きを見る


オリスカウトも絶賛! スピードという〝一芸〟を武器にプロへ飛び込む西野真弘【横尾弘一「プロにつながる社会人野球」】

2014/11/13

社会人野球の日本選手権大会が閉幕した。惜しくも準々決勝で敗退したJR東日本の西野真弘。今秋のドラフト会議でオリックスから7位指名を受けた西野は来季、日本選手権が開催された京セラドーム大阪を本拠地にプロでの一歩を踏み出す。... 続きを見る







  • 記者募集