データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:2017年ドラフト

楽天・渡邊佑樹が支配下復帰「サイドスローに変えたことで道が開けた」、石井GM「今年は違う渡邊を」 新背番号は「45」

2021/03/01

 東北楽天ゴールデンイーグルスは1日、育成選手の渡邊佑樹投手との間で支配下選手としての契約に合意したと発表した。背番号は「150」から「45」へ変更となる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    渡邊は、富士学苑高、横浜商科大を経て、2017年ドラフト4位で楽天に入団した25歳の左腕。プロ入り後は二軍暮らしが続き、一軍登板は19年の1試合のみ。20年は二軍で22試合(57回1/3)を投げ、2勝2敗、防御率4.55となった。同年オフに戦力外通告を受け、育成選手として再契約。サイドスローに転向して再起をかけていた。 &n ... 続きを見る


ソフトバンク、2017年ドラ1・吉住晴斗と育成・田城飛翔に戦力外通告 山形の高校生で初の1位指名

2020/11/18

 福岡ソフトバンクホークスは18日、吉住晴斗投手と育成選手の田城飛翔外野手に対し、来季の選手契約を締結しない旨を伝えたと発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    吉住は、鶴岡東高から2017年ドラフト1位でホークスに入団。早実・清宮幸太郎(現日本ハム)、履正社・安田尚憲(現ロッテ)、仙台大・馬場皐輔(現阪神)を外した末での1位指名だったが、山形県の高校生では史上初の快挙でもあった。しかし、層の厚いソフトバンクということもあり、プロ入り3年間で1軍での登板はなかった。    田城は八戸学院光星高から2 ... 続きを見る







  • 記者募集