データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:魔球

大谷翔平のスプリットはまさに“魔球”! 奪三振率90%はメジャーリーグトップの好成績【海外の反応】

2021/04/30

 米公式サイト『MLB.com』がタイトルに「球界で最も打たれない投球が戻ってきた」とつけ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が持つスプリットを特集した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    同メディアによると、大谷は今季、スプリットを投じて終わったのは20打席あり、そのうち19打数無安打で18奪三振だという。奪三振率は90%でメジャーリーグトップの成績。2位がタンパベイ・レイズのタイラー・グラスノー投手の持つカーブで、奪三振率67%であることを考えると、極めて異例な好成績で、同メディアは「クレイジー」だと伝え ... 続きを見る


「ワイルドだね」カブス左腕、あわや頭部死球の“魔球カーブ”で三振奪取 上半身屈めた打者は唖然

2019/09/03

指揮官「コマンドに自信持っている」。ファンも絶賛  シカゴ・カブスのブラッド・ウィック投手が2日(日本時間3日)、本拠地リグレー・フィールドでのシアトル・マリナーズ戦の4点リードの9回に登板。そのマウンドで投げた「カーブ」が大きな話題となっている。    カブスは、1点を追う7回にアンソニー・リゾー内野手、カイル・シュワーバー外野手の適時打などで一挙5得点し5-1と逆転に成功。そのまま迎えた9回の守りで4番手としてウィックが登板した。    左腕のウィックが先頭打者のカイル・シーガー内野手に対して、カウント2-2からの5球目に投げたのは74.1マイル(約119キロ)のナック ... 続きを見る







  • 記者募集