プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:被打率

【投手部門】大谷翔平は何位? 2022年MLBア・リーグ投手成績ランキング

2022/08/18 NEW

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が今年も「二刀流」として活躍を続けている。投手・大谷は現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手と大谷の順位をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   勝利部門 1位:バーランダー(HOU) 15勝 2位:シーズ(CWS) 12勝 2位:マノアー(TOR) 12勝 2位:バルデス(HOU) 12勝 8位:大谷翔平(LAA) 10勝 防御率部門 1位:バーランダー(HOU) 1.95 2位:シーズ(CWS) 2.09 3位: ... 続きを見る


【投手部門】ダルビッシュ有は何位? 2022年MLBナ・リーグ投手成績ランキング

2022/08/17 NEW

ナショナル・リーグではダルビッシュ有投手(パドレス)が投手として在籍。日本人選手たちは現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手とダルビッシュの順位をまとめている。 今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   勝利部門 1位:ゴンソリン(LAD) 14勝 1位:ライト(ATL) 14勝 3位:アンダーソン(LAD) 13勝 3位:カラスコ(NYM) 13勝 3位:ウリアス(LAD) 13勝 10位:ダルビッシュ有(SD) 10勝 防御率部門 1位:アルカンタラ(MIA) 1.92 2位:ゴン ... 続きを見る


二刀流・大谷翔平は何位? 2021年MLBア・リーグ各部門のランキングトップ10は?<投手大谷編>

2021/10/19

勝利  最多勝は、16勝のゲリット・コール(ヤンキース)。大谷は23試合に登板し、9勝2敗の成績となった。全体トップはフリオ・ウリアス(ドジャース)の20勝。   1位:ゲリット・コール(ヤンキース) 16勝 2位:クリス・フレクセン(マリナーズ) 14勝 2位:スティーブン・マッツ(ブルージェイズ) 14勝 2位:柳賢振(ブルージェイズ) 14勝 5位:ディラン・シーズ(ホワイトソックス) 14勝 5位:ランス・マッカラーズJr.(アストロズ) 13勝 5位:フランキー・モンタス(アスレチックス) 13勝 5位:ロビー・レイ(ブルージェイズ) 13勝 5位:カルロス・ロドン(ホワイ ... 続きを見る


前田健太、スライダーとチェンジアップの高い制球力が武器 WHIP0.74は断トツの数字、サイヤング賞も視野に【MLB成績データ分析】

2020/09/17

基本指標も高いレベルに  今季ナショナル・リーグ西地区のロサンゼルス・ドジャースから、アメリカン・リーグ中地区ミネソタ・ツインズに移籍した前田健太投手。ローテーションの一角として、ここまで9試合に先発し、5勝1敗と期待通りの役割を果たしていると言えるだろう。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    数字で見ても、防御率2.43(リーグ4位、全体11位)、63奪三振(リーグ7位タイ、全体17位タイ)、K/BB6.30(リーグ4位、全体6位)と先発投手として球界屈指の成績。中でも、1イニングあたりに出した走者を表す指標であ ... 続きを見る


ロッキーズ伏兵が打率4割超、ドジャース有望株は最多5発! エンゼルス右腕も躍動【MLBオープン戦個人成績】

2020/03/15

若手のアピール目立つ!昨季ブレイクの選手も好調維持  メジャーリーグは新型コロナウイルスの米国内での感染拡大のため残りのオープン戦の中止とレギュラーシーズン開幕の少なくとも2週間の延期が決定された。オープン戦はこれまでにシンシナティ・レッズ(8試合)を除く全球団が10試合以上を消化しているが、個人成績でどの選手が活躍していたかを振り返ってみよう。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    スプリングトレーニング(春季キャンプ)は東部のフロリダ州と西部のアリゾナ州に各15球団が分かれて行われる。フロリダ州は「グレープフルー ... 続きを見る