プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:熊本

【九州・沖縄地区】選抜高校野球、歴代出場校・出場回数・大会一覧【春のセンバツ甲子園】

2022/01/26

 第94回選抜高等学校野球大会が、3月18日から開催。1月28日の選考委員会で、21世紀枠を含む出場32校が決定する。発表に先駆けて、今回は北海道・東北地区の歴代選抜出場校の出場回数・大会を振り返っていく。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   <見方> 出場回数 校名 出場大会 ※第92回大会は開催中止、代替として「2020年甲子園高校野球交流試合」に出場 ※2 別府羽室台、別府青山は後に合併して別府翔青に改称 ※3 戦前は台湾、朝鮮、満州の学校も出場資格を有していた 福岡 11回 小倉(小倉中時代を含む) 第19、 ... 続きを見る


【結果速報】長崎商業、熊本工業降し2回戦へ。13安打8得点の猛攻で追撃かわす(4日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/16

<4日目 第1試合 1回戦 ○長崎商 8ー4 熊本工●>(16日、阪神甲子園球場)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    第103回全国高等学校野球選手権大会は16日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第1試合で長崎商(長崎)と熊本工(熊本)が対戦。13安打8得点の猛攻を見せた長崎商が8-4で勝利し、2回戦に駒を進めた。  長崎商・城戸悠希、熊本工・吉永粋真の両エースが先発。試合は、初回から点の取り合いとなった。先攻の熊本工は、先頭の1番・古閑健太郎がいきなり三塁打でチャンスメイクを見せると、2番・前高翔太の適時打で幸先 ... 続きを見る


【夏の甲子園2021】熊本工業高校(熊本代表)、基本情報 監督・背番号・出場選手一覧(ベンチ入りメンバー)【第103回全国高校野球選手権大会】

2021/08/16

熊本工(熊本代表) 監督:田島圭介 出場回数:2大会連続22回目   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   【甲子園日程】 1回戦:対長崎商(第4日) 選手一覧 1 吉永粋真 3年 2 沼丈真 3年・主将 3 古閑健太郎 3年 4 米田雄大 2年 5 松下侑司 3年 6 宮田宗慶 3年 7 増見優吏 2年 8 原田啓佑 3年 9 前高翔太 2年 10 松波勲典 2年 11 山下陽生 2年 12 和田優志 3年 13 山口大輔 2年 14 須藤心 3年 15 上村侑誠 3年 16 岩田周 3年 17 谷崎健太 3年 18 青 ... 続きを見る


【きょうの甲子園】8月16日の出場校、対戦カードは?<大会4日目>

2021/08/16

 第103回全国高等学校野球選手権大会は16日、阪神甲子園球場で第4日を迎える。対戦カード、開始時間は以下の通り。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   ■1回戦 第1試合(8時00分開始予定) 長崎商(長崎) ー 熊本工(熊本) 第2試合(10時30分開始予定) 専大松戸(千葉) ー 明豊(大分)   第3試合(13時00分開始予定) 阿南光(徳島) ー 沖縄尚学(沖縄)   第4試合(15時30分開始予定) 鹿島学園(茨城) ー 盛岡大付(岩手)   ※雨天中止の可能性あり   ... 続きを見る


関東一「1点勝っていれば」勝ち。相手の4失策を全て得点に 指揮官「我慢」の無失策を労う【全国高校野球】

2019/08/14

2試合で失策「1」。打たれても、守備はほころばず <第9日 第3試合 2回戦 ○関東一 6―5 熊本工●>(14日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第3試合では関東一(東東京)と熊本工(熊本)が対戦。関東一が熊本の追撃をかわして4年ぶりの3回戦進出を果たした。    勝負を分けたのは守備力の差だった。試合後、スコアボードの右端の数字は熊本工が「4」、関東一には「0」が刻まれた。    先制点は関東一。3回2死一、二塁から4番・平泉遼馬(3年)の三塁への打球をさばいた熊本工・森翔太郎(2年)が悪送球し、その間に二塁走者 ... 続きを見る


【甲子園速報】関東一、エース土屋大和が127球完投!4年ぶり3回戦進出 熊本工は終盤の怒涛の追い上げ実らず

2019/08/14

追い上げられるも直後に貴重な犠飛で逃げ切る <第9日 第3試合 2回戦 ○関東一 6―5 熊本工●>(14日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第3試合では関東一(東東京)と熊本工(熊本)が対戦。関東一が熊本の追撃をかわして4年ぶりの3回戦進出を果たした。    関東一の土屋大和(3年)と熊本工の林彪太郎(3年)の両エースによる投げ合いで始まった試合は、序盤2回まで両チーム無得点。試合前には雨が止み、上空には晴れ間がのぞく中で静かなスタートを切った。    先に均衡を破ったのは関東一だった。3回、先頭から2者連続で四球 ... 続きを見る


熊本工・山口環生、サヨナラ弾は「感触がないくらい芯に」 甲子園初勝利の指揮官も興奮「頭真っ白」

2019/08/10

劇的勝利呼んだ継投「100点満点。しっかり我慢強く投げてくれた」   <第5日 第2試合 1回戦 ○熊本工 3×―2 山梨学院●>(10日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、第2試合では山梨学院(山梨)と熊本工(熊本)が対戦。熊本工が延長12回の大接戦の末にサヨナラ本塁打で初戦突破を果たした。    名門・熊本工が壮絶な投手戦、守り合いを最後は劇的な本塁打で制して夏30勝目を飾った。    熊本工は初回、先発・蓑茂然(3年)が2失点を喫するも、4回に味方打線が連続長打で同点に追い付き、その後は5回までを投げ切 ... 続きを見る


熊本工、延長12回に山口環生が劇的サヨナラ弾! 山梨学院はエース相沢利俊が140球熱投も力尽く【全国高校野球】

2019/08/10

熊本工2番手・村上は7回無失点の好救援   <第5日 第2試合 1回戦 ○熊本工 3×―2 山梨学院●>(10日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、1回戦最後の試合となった第2試合では山梨学院(山梨)と熊本工(熊本)が対戦。熊本工が延長12回の末に劇的なサヨナラ本塁打で初戦突破を果たした。    先手を取ったのは4年連続出場の山梨学院だった。熊本工の先発・蓑茂然(3年)に対して1死から連続安打で一、三塁とすると、4番・菅野秀斗(3年)の二ゴロの間に先制。さらに相手捕手の悪送球で1点を追加し2-0とした。   ... 続きを見る


夏の甲子園2019、出場校出身のNPB現役選手は?<九州>【第101回全国高校野球】

2019/08/06

第101回全国高校野球選手権大会が6日、阪神甲子園球場で開幕。7月30日に大会に先立って行われた地方予選で選ばれた代表全49校が、全国制覇をかけてぶつかり合う。全6回に分けて、出場校出身の現役NPB選手を紹介する本企画、最終回は、九州地方の8校だ。 【次ページ】福岡・佐賀・長崎・熊本... 続きを見る