データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:濱口遥大

【日米野球】MLB、モリーナのタイムリーで3点差に突き放す! 侍Jは東浜に続いて濱口が失点

2018/11/14

<2018日米野球・第5戦> 侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)   「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、MLBオールスターが4回にヤディアー・モリーナ捕手のタイムリー二塁打でリードを広げた。    シリーズ1勝3敗で迎えたMLBオールスターは、初回に日本代表「侍ジャパン」の先発・東浜巨投手からリース・ホスキンス外野手が2ラン本塁打を放ち先制。直後に岡本和真のソロ本塁打を許して1点差とされたが、3回にフアン・ソト外野手のタイムリーで再び2点差に。さらに迎えた4回、2死一塁の場面でモリーナが侍ジャパン2番手の濱口遥大投手から ... 続きを見る


DeNA、日本シリーズ初勝利!ルーキー・濱口の7回1/3無安打は日本S史上2位タイの快挙

2017/11/01

〇DeNA6-0ソフトバンク●(1日・横浜スタジアム)    ルーキーの快投が光ったDeNAが19年ぶりに日本シリーズで白星を飾り、戦績を1勝3敗とした。また、DeNAの日本シリーズでの白星は1998年10月26日の日本シリーズ第6戦以来、約19年ぶりとなった。    この試合の先発はDeNAがルーキー・濱口、ソフトバンク・和田の左腕対決。DeNAにとってルーキーの日本シリーズ先発登板は球団史上初となった。試合は5回表までスコアボードに0が並び続けたが、ルーキーの好投に打線が応え試合の均衡を破った。    5回、DeNAは宮崎が和田の速球を左翼スタンド中段に運び、 ... 続きを見る


DeNAドラ1・濱口遥大が日本シリーズ史上2位タイの7回1/3を無安打投球!

2017/11/01

 横浜DeNAベイスターズのドラ1ルーキー・濱口遥大投手は、1日に本拠地・横浜スタジアムで行われている福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズ第4戦に先発登板。    序盤から速球・フォーク・チェンジアップが冴えた濱口は強力ソフトバンク打線に安打を許さない快投を披露し、8回一死までの7回1/3を3四死球ながら無安打に抑えた。なお、8回一死に代打・鶴岡に二塁打を浴びて記録はここでストップとなった。    この記録は1962年の阪神・村山実、1991年の広島・佐々岡真司が以来、史上3人目の快挙となった。     濱口は7回二死に柳田に内野安打を浴び、ピンチを広げたとこ ... 続きを見る


今季の活躍は想定内?想定外?2016年ドラフト1位指名12人の現在地

2017/10/19

10月26日にはドラフト会議が開催  今季もレギュラーシーズンが終了し、ポストシーズンも残るところはCSファイナルステージ、日本シリーズのみとなった。    そして、学生・社会人から新たな戦力を迎え入れるドラフト会議が10月26日に行われる。今年は早実・清宮幸太郎、広陵・中村奨成、履正社・安田尚憲らに注目が集まっており、どの選手がどの球団に指名されていくか未知数だ。    今回は、今年のドラフト会議開催の前に、昨年のドラフト会議で1位指名された12人の今季を振り返る。 【次ページ】セ・リーグのドラ1ルーキーたち... 続きを見る


DeNA・濱口が20年ぶりの球団新人10勝に到達!高卒ルーキー細川は2戦連続決勝弾

2017/10/04

〇DeNA2-1中日●(4日・横浜スタジアム)    接戦を制したDeNAが今季のレギュラーシーズンを3連勝で締めくくり、先発したドラ1ルーキー・濱口は1997年の川村丈夫以来となる球団新人10勝目をマークした。また、新人左腕では1953年の権藤正利、1958年の鈴木隆以来の快挙となった。    初回、DeNAは宮崎のソロ本塁打で1点を先制。その後、1-1の同点時には、昨日の試合でプロ初本塁打を放った細川が2試合連続となるソロ本塁打を放ち、1点を勝ち越した。    結果、この1点が決勝点となり、細川は2戦連続で決勝弾を記録することになった。    濱口は ... 続きを見る


【本日の予告先発】DeNAのルーキー・濱口が10勝目狙う、日本ハム・大谷VSオリ・金子千尋

2017/10/04

 日本野球機構は10月4日の試合に先発登板する投手を発表した。    DeNA・濱口が自身初となる10勝目を狙い先発マウンドへ。対する中日は4年目の阿知羅がプロ初となる先発マウンドへ上がる。    また、日本ハム・大谷はこの試合がメジャー移籍前最後の登板となる可能性が高い。オリックスのエース・金子千尋との対戦となるが、果たしてどちらに軍配が上がるだろうか。    また、本拠地でCSを開催するために負けられない戦いとなっている楽天は、後半戦はなかなか白星に恵まれていない岸が先発する。    4日の試合に先発する投手は以下のとおり。   <セ・リー ... 続きを見る


【本日の予告先発】日本ハム・斎藤佑樹が7月以来の先発、DeNA・濱口、広島・大瀬良が10勝目狙う

2017/09/27

 日本野球機構は9月27日の試合に先発登板する投手を発表した。    日本ハム・斎藤佑樹が7月以来となる先発登板。前回登板の7月11日のオリックス戦では4回8失点と打ち込まれ2軍降格となったが、今回は雪辱を晴らしたいところだ。    対するオリックス・金子千尋は自身3連勝中。今季、日本ハム戦では4戦に登板し3勝無敗、防御率2.16と相性が良いが、この日もチームを勝利に導くことはできるだろうか。    また、DeNA・濱口と広島・大瀬良が今季10勝目を狙う。残る登板機会も少ないため、今日の試合で節目の大台を達成できるよう好投を見せたいところだ。    27 ... 続きを見る


巨人・畠、DeNA・濱口のルーキー対決は畠に軍配!7回零封の好投で再び濱口に投げ勝ち6勝目

2017/09/17

〇巨人6-1DeNA●(17日・東京ドーム)    巨人が今季最後となるDeNAとの一戦を制し、4位のDeNAに1ゲーム差をつけた。    この試合の先発は巨人・畠とDeNA・濱口というルーキー対決。このマッチアップは8月20日以来2度目となったが、再び畠に軍配が上がることになった。    初回、巨人はマギー・坂本・阿部が3者連続で四球を選び満塁のチャンスを作ると、村田が適時二塁打を放ち、2点を先制。2回には、二死から宮崎が陽の打球を後逸し2塁まで進むと、マギーが適時二塁打を放ち、3点目を追加した。    この日の濱口は制球に苦しみ、4回を82球・4安打 ... 続きを見る


【本日の予告先発】広島は大瀬良で優勝狙うも台風接近中 巨人・畠vsDeNA・濱口

2017/09/17

 日本野球機構は9月17日の試合に先発する投手を発表した。     マジック1の広島は今季9勝の大瀬良大地投手が先発。ヤクルトのD. ブキャナン投手との対決予定だ。また、台風18号も接近しており、試合が行われるのかにも注目が集まる。仮に中止になれば、18日に阪神との直接対決が行われる。    現在、勝率がタイのセ・リーグ3位争いは巨人が畠世周投手、DeNAが濱口遥大投手の対決。ルーキー同士の戦いだ。        17日の予告先発は以下の通り。   <セ・リーグ> 巨人・畠世周 - DeNA・濱口遥大(東京ドーム 14:00) 阪神・小野泰己 - 中日・ ... 続きを見る


DeNAが連敗ストップで3位死守!ルーキー・濱口が2塁を踏ませず8回無失点で9勝目

2017/09/03

〇DeNA1-0巨人●(3日・横浜スタジアム)    投手戦を制したDeNAが連敗を3で止め、3位を死守し4位・巨人とのゲーム差を1.5に広げた。    DeNA先発・濱口、巨人先発・マイコラスで始まった試合は、息の詰まる投手戦の様相を呈した。    初回、濱口は一死からマギーに四球を与えたが、後続の坂本を右飛・阿部を二ゴロに打ち取る上々の立ち上がりを見せる。一方のマイコラスは、一死から柴田に二塁打を浴び、筒香の三ゴロで二死3塁のピンチを招いたが、ロペスを一飛に打ち取りこちらも無失点で初回を切り抜けた。    その後、濱口は6回まで無安打投球と安定感抜群 ... 続きを見る


【本日の予告先発】ソフトB・和田、阪神・藤浪が1軍復帰、西武・本田圭佑がプロ2度目の先発登板

2017/08/27

 日本野球機構は8月27日の試合に先発登板する投手を発表した。    ソフトバンク・和田毅が4月7日以来の先発マウンドに上がる。今季は左ひじの炎症で長期離脱していた36歳のベテランだが、復帰初戦でチームを勝利に導く好投を見せることはできるだろうか。    セ・リーグでは、阪神・藤浪が16日の広島戦以来となる先発マウンドへ。現在、藤浪は制球難に悩まされて自身3連敗中だが、敵地・東京ドームで復活した姿を見せられるだろうか。    また、西武の2年目右腕・本田圭佑がプロ通算2度目の先発マウンドへ。今季は中継ぎで4試合に登板して5回を投げ、防御率1.80と結果を残している ... 続きを見る


【13日の予告先発】ソフトB・武田vs日本ハム・上原 広島・岡田vs巨人・今村

2017/08/13

 日本野球機構は8月13日の試合に先発する投手を発表した。    広島対巨人は、岡田明丈投手と今村信貴投手の予告。今村は今季初先発だ。    ソフトバンク対日本ハムは武田翔太投手と上原健太投手の対決。上原は悲願のプロ初勝利を狙う。        本日の予告先発は以下の通り。   <セ・リーグ> 広島・岡田明丈 - 今村信貴(マツダスタジアム 18:00) DeNA・濱口遥大 - 阪神・松田遼馬(横浜 18:00) 中日・吉見一起 - ヤクルト・由規(ナゴヤドーム 14:00)   <パ・リーグ> ソフトバンク・武田翔太 - 日本ハム・上原健太( ... 続きを見る


【本日の予告先発】日本ハム・大谷が昨年10月以来の先発登板、阪神VS中日は制球力優れる先発対決

2017/07/12

 日本野球機構は、7月12日の試合に先発登板する投手を発表した。    日本ハム・大谷翔平が1軍では昨年10月の日本シリーズ以来となる先発登板。対する金子千尋は5月30日以来白星から遠ざかっているが、果たしてチームを4連勝に導くことはできるだろうか。    また、阪神と中日の一戦では、制球力に優れる秋山とバルデスの投げ合いとなる。そして、巨人は0勝7敗の宮國と安定感抜群のブキャナンが投げ合う。ヤクルトは9連敗と非常に苦しい状況となっているが、ここ3試合は打線が先発投手を援護できていない。今日の試合こそは打線が奮起し、ブキャナンに白星を届けることはできるだろうか。   ... 続きを見る


【本日の予告先発】広島VS巨人は今季7勝右腕対決、DeNAドラ1 VS阪神・メッセ

2017/07/05

 日本野球機構は、7月5日の試合に先発登板する投手を発表した。    広島と巨人の一戦では、共に8勝目を狙う広島・岡田、巨人・菅野が投げ合う。    また、DeNAはここまで5勝3敗、防御率3.34のドラ1ルーキー・濱口をマウンドに送る。対する阪神は、DeNA戦で通算17勝をマークしているメッセンジャーが先発する。    パ・リーグでは、ソフトバンクは武田が復帰2戦目となる先発マウンド。対するオリックスはエース・金子千尋が登板する。6月の金子は0勝3敗、防御率5.13と苦しんだが、7月は春先のように好投を見せることができるだろうか。    5日に先発登板 ... 続きを見る


広島、新井の劇的な逆転2点二塁打で3連勝!先発・野村は5月16日以来となる4勝目

2017/06/27

〇広島4-3DeNA●(横浜スタジアム)    広島がベテランの勝負強い一打で逆転勝利を決め、雨天ノーゲームを挟んで3連勝を飾った。    DeNA先発は交流戦で日本ハム・楽天・ロッテ相手に3連勝を飾ったドラ1ルーキー・濱口、広島先発は5月16日以来の白星を狙う野村で始まった試合は、互角の戦いを繰り広げた。    先制点を奪ったのはDeNAだった。初回、野村は梶谷に四球を与え出塁を許すも、會澤が盗塁を阻止。しかし、その直後にロペスに第16号ソロ本塁打を浴び先制点を献上。    先制点を与えた広島だったが、2回に2四球と會澤の内野安打で二死満塁というチャン ... 続きを見る


【27日の予告先発】DeNA・濱口vs広島・野村、那覇では西武・野上vsロッテ・二木

2017/06/27

 日本野球機構は6月27日の試合に先発する投手を発表した。     横浜スタジアムで行われる横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの試合は、濱口遥大投手と野村祐輔投手の投げ合い。    沖縄セルラースタジアム那覇で行われる埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズの試合は野上亮磨投手対二木康太投手の予告先発となっている。    本日の予告先発は以下の通り。   <セ・リーグ> ヤクルト・由規-巨人・田口麗斗(山形 18:00) DeNA・濱口遥大-広島・野村祐輔(横浜 18:00) 中日・鈴木翔太-阪神・秋山拓巳(浜松 18:00)   <パ・ ... 続きを見る


【4月25日のセ・リーグ試合結果】G菅野2試合連続完封、D松井雅3季ぶり本塁打、De筒香決勝打

2017/04/25

〇DeNA1-0阪神●(甲子園)    DeNAが完封リレーで阪神を降した。    初回、阪神先発・秋山から先頭の桑原がバットを折りながらも安打を放ち、続く石川が犠打で送りチャンスを作る。続く梶谷は二ゴロに倒れたが、その間に桑原は3塁に進塁。そして、筒香が適時打を放ち、1点を先制。結果的に、この1点が決勝点となった。    DeNA先発・濱口は7回無死までノーヒットピッチングの快投。しかし、7回二死に満塁のピンチを背負ったところで降板となった。その後、2番手・山崎康が代打・新井を空振り三振に仕留め無失点に抑えた。   その後は8回を三上、9回をパットンが ... 続きを見る