データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:救援

山口俊、延長10回からリリーフ登板も4失点 安定感欠き2敗目、防御率36.00に

2020/07/30

 トロント・ブルージェイズの山口俊投手が29日(日本時間30日)、本拠地でのワシントン・ナショナルズ戦で延長10回からリリーフ登板。4点を失い、2敗目を喫した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    0-0のスコアレスで迎えた延長10回にマウンドへ上がった山口。奇しくも敗戦投手となったメジャーデビュー戦と同じ局面での登板となった。    タイブレーク制の無死二塁からいきなり連続四球を与え、満塁のピンチを迎えたが、9番・ロブレス、1番・ターナーを連続三振に抑え、2死を奪った。    しかし、続く2番 ... 続きを見る


前田は移籍後初勝利、大谷は1死も取れずに降板…26日(日本時間27日)の日本人選手は?

2020/07/27

 MLBは26日(同27日)に公式戦15試合が行われ、日本人選手は6名が出場した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス) (先発)0/3回、被安打5、与四球3、失点5 敗戦投手    エンゼルスの大谷は、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に今シーズン初先発。0/3回5失点(自責点4)で敗戦投手となった。右肘のトミージョン手術後、693日ぶりの登板となったが、先頭打者にいきなり安打を浴びると、2番から5番までに3者連続四球を許し、押し出しで先制点を献上。その後も6番・グ ... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手総合能力値ランキング16位~20位。ブルペンの柱となる選手たち(2019シーズン版)

2020/07/14

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手総合能力値ランキング11位~15位。次世代の奪三振王、エンゼルスを支えたリリーフエースも(2019シーズン版)

2020/07/13

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手総合能力値ランキング6位~10位。二刀流リリーバー、7回の男も(2019シーズン版)

2020/07/12

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手総合能力値ランキング1位~5位。最強リリーフ左腕、無冠の帝王も(2019シーズン版)

2020/07/11

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする... 続きを見る


“2度目のメジャーデビュー”へ。元外野手が160キロ左腕に変貌し奮闘中 指揮官「これから良い日がたくさんある」

2020/03/08

2017年に投手転向。3年間で防御率が5点以上改善  クリーブランド・インディアンスのある選手が、リリーフ投手としてメジャーのマウンドを目指している。かつて外野手としてメジャー通算372試合に出場し271安打、12本塁打を放ったキャリアを持つ左腕のアンソニー・ゴース投手は、2017年から投手に転向。今季も投手としてスプリングトレーニング(春季キャンプ)に参加し、持ち味を発揮しながらアピール中だ。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    現在29歳のゴースは2012年に外野手としてトロント・ブルージェイズでメジャーデビュ ... 続きを見る


前田健太、再び“便利屋”に?ロング救援で尽力 ドジャースは左腕2人が復帰間近で起用法に注目集まる

2019/09/03

ロッキーズ戦で試合前からブルペン待機…4回3失点  ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が2日(日本時間3日)、本拠地ドジャー・スタジアムでのコロラド・ロッキーズ戦に2番手としてリリーフ登板。今季2度目の救援で今季初セーブをマークしている。    ドジャースは2-2の同点の2回に4点を勝ち越し。3回に2点差に詰め寄られたが、直後にジョク・ピーダーソン外野手のこの日2本目となる第30号2ラン本塁打で9-4とリードを広げた。    そして、10-6と4点差で迎えた6回から、先発のウォーカー・ビューラー投手に代わって2番手として前田がマウンドに上がった。試合前からブルペンで待機 ... 続きを見る


記録から見るパリーグのMVPは日本ハム・大谷翔平【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

2016/10/07

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、記録から2016年のパリーグMVPを占う。... 続きを見る




  • 記者募集