データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





タグ:岩本貴裕

下位打線で存在感放つ広島の2008年ドラ1・岩本。シーズン佳境の躍進にはこの男の活躍アリ

2017/09/14

 2008年にドラフト1位で広島東洋カープに入団した岩本貴裕(31)。今の広島にはこの男の存在が必要不可欠と言っても間違いない。    広島は8月23日のDeNA戦で若き4番として大活躍を見せていた鈴木誠也が右脛骨内果剥離骨折で戦線離脱となった。     その後は松山竜平が4番に座り活躍を続けている一方、エルドレッドが外野に回って新井貴浩が一塁として先発出場したり、西川竜馬や安部友裕が一塁や三塁を守ったりと、厚い選手層を活かして様々なオーダーを組んでいたが、8月4日に一度登録抹消となり、15日に再び再昇格を果たした岩本が下位打線で存在感を放っている。    今季成 ... 続きを見る


2度のビッグイニング作り12得点の広島が快勝でM2!明日にも2季連続Vが決定

2017/09/13

〇広島12-4DeNA●(13日・マツダスタジアム)    1回と6回に集中打を見せた広島がDeNAに快勝し、優勝マジックを残り「2」とした。最速で明日には2季連続となるセ・リーグ優勝が決まることになった。    この試合の先発は広島が中村祐、DeNAが飯塚。共に今季プロ初勝利を手にした若手右腕の投げ合いとなったが、試合は初回から両軍大きく動きを見せた。    1回表、中村祐は二死を奪ってから筒香・ロペスに連打を浴びピンチを招くと、宮崎に適時二塁打を浴び、二死から2点を失うまさかの立ち上がりとなった。    しかし、その直後に打線が反撃し中村祐を援護した ... 続きを見る


広島、9月負けなし8連勝でマジック6! 岩本3年ぶりの一発が決勝3ラン 松山4安打4打点

2017/09/09

○広島 9-5 中日●     広島は、2点差で迎えた7回に先頭の安部が二塁打で出塁すると、1死から松山の技あり中前適時打で1点差。さらに西川が内野安打で続くと、岩本がバックスクリーンに逆転3ラン本塁打。10年に14本を放ち、将来の主砲と期待された男が、14年以来、実に3年ぶりの一発を放った。    広島の先発は岡田。制球を乱し、4回4失点(自責2)で降板すると、九里が好投。一方の中日先発の三ツ間はプロ初先発で、2点を先制されるも、5回を3失点に抑えていた。    8回にも松山のこの日4本目、4打点となる適時打などで2点を加えた広島。ジャクソン、一岡、中崎とつなぎ ... 続きを見る