データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:ロサンゼルス・エンゼルス

エンゼルス・大谷翔平、“奪われたフルスイング”。相手バッテリーより厄介な「見えない戦い」

2019/08/13

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手がもがき苦しんでいる。多くの指標はMLB全体上位を占めるのに対し、本塁打はシーズン後半に入って1本のみ。背景に見え隠れするのは、自身が信じるものと他人が見る世界との「違い」。コメントからもその苦悩する心情が見受けられた。... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、復調のカギは内角球の対応か 2戦連続マルチ&今季7度目猛打賞で連勝貢献

2019/08/12

 ロサンゼルス・エンゼルスは11日(日本時間12日)、敵地フェンウェイ・パークでボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場し、5打数3安打2打点2三振で今季打率を.290とした。2戦連続のマルチ安打、今季7度目の猛打賞で、チームは延長戦を制し5‐4で勝利。2連勝となった。    大谷は初回、無死一、二塁と先制のチャンスで第1打席を迎えると、2球目を捉えて左前に運ぶ安打。内角低めの球をうまく拾ってみせた。エンゼルスはこの回1点を先制した。第2打席は2回、3つの四球で2死満塁と追加点のチャンスで回ってきた。ここは初球、外角に沈むチェンジアップを捉え、中前に ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、術後8度目のブルペン「打者と対戦する段階になるだろう」 球速は131キロ

2019/08/11

指揮官&GMら見守る中50球  来季の投手復帰を目指すロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、敵地でのボストン・レッドソックス戦開幕前にブルペン入り。50球を投げ、術後経過の良好さを伺わせた。米公式サイト『MLB.com』が同日、伝えている。    8日(同9日)からチームはレッドソックスとの4連戦を迎え、敵地フェンウェイ・パークへ遠征。開場107年を迎える歴史ある球場で、大谷が今季8度目のブルペン入りを果たした。    エンゼルスのブラッド・オースマス監督、ビリー・エプラーGMが見守る中、大谷は捕手を立たせて10球、座らせて40球を熱投。今月6日 ... 続きを見る


大谷翔平、二塁打&2点打で25度目マルチ! エンゼルスは12点大勝で泥沼連敗「8」でストップ

2019/08/11

初回3得点の先制パンチ、7回ビッグイニングに貢献  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が10日(日本時間11日)、敵地フェンウェイ・パークでのボストン・レッドソックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、5打数2安打2打点と活躍し勝利に貢献した。    大谷はこの日、2016年に22勝(4敗)を挙げサイ・ヤング賞を獲得した先発右腕リック・ポーセロ投手と対戦。初回1死一塁の場面で迎えた第1打席に内角76.4マイル(約123キロ)のカーブを捉えると、中堅への今季13本目の二塁打となって二、三塁とチャンスを広げる。    そして続く4番のジャスティン・アプトン外野手が第 ... 続きを見る


大谷翔平、4打数無安打1三振で今季打率は.283に エンゼルスもリリーフ炎上で8月初勝利遠のく

2019/08/10

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、ボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場し、4打数無安打1三振だった。試合は4-16でエンゼルスが大敗、8連敗で8月は未だ勝利なしとなっている。    大谷は第1打席は左飛、第2打席は二ゴロ、第3打席は遊ゴロで、いずれもしっかり捉えながらも安打となっていなかった。4打席目は8点ビハインドの8回表2死無走者で、初球をファウル。2球目もファウル、3、4球目はしっかり見極めてボールとすると、最後はカーブを沈められ空振り三振。4球続いた直球の後の変化球に対応しきれなかった。    大谷は4打数無安 ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、第3打席は遊ゴロ 再び捉えた当たりも野手の正面、試合はビハインドで終盤に入る

2019/08/10

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、ボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手が「3番・指名打者」で先発出場しており、第3打席は遊ゴロに倒れた。第1打席は左飛、第2打席は二ゴロに終わっていた。    大谷は初回、二塁にマイク・トラウト外野手を置く先制のチャンスで第1打席を迎え、フルカウントまで粘るも左飛に終わった。第2打席は3回1死一塁で、初球を捉えるも二ゴロ。相手のファインプレーに阻まれた。塁上に残った大谷は二盗を仕掛けるが、ここはタッチアウト。波に乗れない展開が続いた。    第3打席は6回表2死無走者。反撃の糸口見つけたい場面での打席となった。初球は ... 続きを見る


大谷翔平、第2打席は鋭い当たりも二ゴロ、塁に残るも盗塁失敗 相手のファインプレーに阻まれる…

2019/08/09

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、ボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手が「3番・指名打者」で先発出場している。    第1打席はフルカウントから左飛に倒れた大谷。第2打席は1死一塁で、初球の直球を強く叩いて二遊間にヒット性の当たりを放った。しかし、ブロック・ホルト内野手が頭から飛び込んでこのゴロを好捕。すぐさま二塁に転送して一塁走者のマイク・トラウト外野手をアウトにしてみせた。    塁に残った大谷は続くジャスティン・アップトン外野手の打席の3球目にスタート。チャンスメイクを狙った盗塁だったが、間一髪でアウトとなってしまった。    試合 ... 続きを見る


大谷翔平、第1打席は左飛 エンゼルスはトラウトの二塁打、プホルスの3ランで初回に3点を先制

2019/08/09

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、敵地でボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場し、第1打席は左飛に倒れた。  初回のエンゼルスは1死からマイク・トラウト外野手が二塁打で出塁。大谷の第1打席は先制のチャンスで巡ってきた。初球を見極めてボールとすると、2球目をファウル、3球目は見逃してストライク。その後スライダーを2球連続でボールとし、続く直球をファウルで粘ったが、最後はフルカウントから左飛に倒れた。  続くジャスティン・アップトン外野手は四球で2死一、二塁とすると、打席には5番アルバート・プホルス内野手。左翼席に飛び込む先制3点本塁打を放った ... 続きを見る


大谷翔平、4試合ぶり二塁打も…エンゼルス、セールの“怪投”に手も足も出ず泥沼7連敗

2019/08/09

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が8日(日本時間9日)、敵地でのボストン・レッドソックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数1安打1三振の成績だった。    この日は、レッドソックス先発・クリス・セール投手が圧巻のピッチングを見せ、エンゼルスにつけ入る隙を与えなかった。    初回2死から、大谷の第1打席で、三塁線に転がるボテボテの三塁ゴロを、三塁手ラファエル・ディバースが見送り、大谷にとってはラッキーな二塁打をマーク。しかし、6回までエンゼルスが放った安打はこの一本のみ。7回には、先頭のマイク・トラウト外野手がレフトへ安打を放ったものの、後続の大谷、 ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、左腕セールからラッキーな二塁打 三塁手が打球を見送る

2019/08/09

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が8日(日本時間9日)、敵地でのボストン・レッドソックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席に4試合ぶり安打となる二塁打を放った。    大谷は、4日(同5日)以来となるスタメン出場。レッドソックスは、奪三振王2回の左腕クリス・セールが先発した。    第1打席、大谷が逆方向に叩きつけた打球は、三塁線に転がる。これを三塁手ラファエル・ディバースが見送ると、判定はフェア。慌ててディバースはボールを追ったが、その間に大谷は快足を飛ばして二塁に到達。このラッキーな二塁打に、大谷も塁上で苦笑いを浮かべた。... 続きを見る


カブス、エンゼルス戦力外のルクロイと契約合意 ダルビッシュとはレンジャーズ時代にバッテリー

2019/08/08

 シカゴ・カブスが、ロサンゼルス・エンゼルスから戦力外となっていたジョナサン・ルクロイ捕手と契約合意に達した。米公式サイト『MLB.com』が7日(日本時間8日)、伝えている。    ルクロイは今季、エンゼルスの正捕手として、開幕から73試合に出場して打率.237、7本塁打、30打点の成績を残していた。しかし、7月7日(同8日)のヒューストン・アストロズ戦でジェイク・マリズニック外野手とのクロスプレーにより脳震盪と鼻骨骨折の重傷を負って負傷者リスト(IL)入り。8月2日(同3日)、球団からDFAが告げられロースター40人枠から外される事実上の戦力外となっていた。    一方 ... 続きを見る


大谷翔平は代打出場で四球選ぶも得点に結びつかず 今季打率は.286で変わらず 

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、シンシナティ・レッズと対戦。大谷翔平投手はベンチスタートで、8回表に代打出場し、四球だった。今季の打率はとなっている。試合は4‐7とエンゼルスの3点ビハインドで最終盤に入っている。    初回に3点ずつ取り合う荒れた展開から、4回裏にレッズが3点を奪い勝ち越し。エンゼルスは5回にマイク・トラウト外野手が今季38号となるソロ本塁打で追撃するが、6回にも1点を失い4‐7とビハインドで終盤に入った。    雨による中断をはさみ、大谷が出場したのは8回表2死一、二塁と一発出れば同点の場面。カウント3‐1から浮いた直球を冷静に見極めて ... 続きを見る


エンゼルス・トラウト38号でア・リーグ本塁打王独走態勢 大谷は8回まで出場なし、試合は雨天中断に

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、敵地でシンシナティ・レッズと対戦。3番・中堅手のマイク・トラウト選手が今季38号のソロ本塁打を放つも、4-7とリードを奪われたまま8回に雨天のため試合が中断されている。ベンチスタートの大谷翔平投手はここまで出場していない。    試合は初回、エンゼルスが4番ジャスティン・アップトン外野手の3点本塁打で先制。主導権を握ったかと思われたが、レッズが裏に即座に反撃し、同点に持ち込んだ。4回裏にはレッズ打線が3点を奪って勝ち越しに成功。    5回表のエンゼルスの攻撃は2死無走者からトラウトが中堅への特大のソロ本塁打。完ぺきな当たり ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平はベンチスタート 終盤の勝負所で代打出場も

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、シンシナティ・レッズと対戦。大谷翔平投手はベンチスタートとなっている。    レッズとのカードはナショナル・リーグとの交流戦のため指名打者なしのルールで、守備につかない大谷は2日連続のベンチスタートとなった。エンゼルス先発は21歳のホセ・スアレス投手で、今季メジャーデビューした期待の左腕。ここまで9試合に先発して投球回数は41回1/3(平均4.53回)となっており、継投策の可能性が高い。    その中で、大谷をどの場面で起用するか。試合を左右する、指揮官の腕の見せ所となりそうだ。   スターティングメンバーは以下の ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、波に乗り切れなかった7月。厳しいマークも「ストライクに来た球は普通に打てる球」

2019/08/05

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、好調だった6月と比べ、7月は数字を落とした。チームの不調と重なるように状態は上向かないが、打てないときも、四球や盗塁など勝つための努力を惜しまない。大谷攻略へ他チームがマークを強める中、大谷は平常心を崩さない。... 続きを見る


大谷翔平は無安打2三振 ”ジャスティンじゃない方のビーバー”が完投勝利、ジャスティン・ビーバー本人は「特別なつながりを感じる」

2019/08/05

 ロサンゼルス・エンゼルスは4日(日本時間5日)、敵地でクリーブランド・インディアンスと対戦した。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場したが、4打数無安打2三振に終わった。インディアンスは”ジャスティンじゃない方のビーバー”の愛称で親しまれるシェーン・ビーバー投手が完投勝利、人気歌手のジャスティン・ビーバー氏もツイッター上で反応した。    大谷の第1打席は1回表2死無走者。直球とナックルカーブで追い込まれると、最後は足元に沈んでくるスライダーに空振り三振を喫した。第2打席は0-2とビハインドで迎えた4回表、1死二塁と反撃のチャンス。初球は低めのスライダーに手が出て空振り、2球 ... 続きを見る


大谷翔平、今季24度目マルチの2安打で打率.292 3連敗エンゼルスは9日間で貯金「5」→「0」

2019/08/04

二塁打&内野安打、ともに得点に絡むも勝利に繋がらず  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が3日(日本時間4日)、敵地プログレッシブ・フィールドでのクリーブランド・インディアンス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打数2安打で24度目のマルチ安打を記録した。    前日無安打に終わった大谷はこの日、インディアンス先発のメジャー3年目右腕アダム・プルッコ投手と対戦。初回の第1打席は2死走者なしの場面だったが、フルカウントから外角やや低め85.7マイル(約138キロ)のチェンジアップに一ゴロに倒れ、3安打を放った7月30日(同31日)の第4打席から6打席連続無安打と ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、第4打席に内野安打で24度目マルチ 前日三振喫した左腕から快足飛ばし雪辱

2019/08/04

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が3日(日本時間4日)、敵地プログレッシブ・フィールドでのクリーブランド・インディアンス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第4打席に三塁への内野安打を放って24度目のマルチ安打とした。    前日無安打に終わった大谷はこの日、インディアンス先発のメジャー3年目右腕アダム・プルッコ投手と対戦。第1打席はチェンジアップに一ゴロ、第2打席もフォーシームに中直に倒れて2打席連続凡退となった。    エンゼルスは0-0で迎えた5回に2ラン、3ランと2本の本塁打を浴びて一挙5失点。ビッグイニングを作られて0-5とされた。   ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、第3打席に今季11本目の二塁打! 8打席ぶり安打で得点に繋げる 

2019/08/04

インディアンス先発右腕プルッコから  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が3日(日本時間4日)、敵地プログレッシブ・フィールドでのクリーブランド・インディアンス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席に二塁打を放った。    前日無安打に終わった大谷はこの日、インディアンス先発のメジャー3年目右腕アダム・プルッコ投手と対戦。初回の第1打席はチェンジアップに一ゴロ、4回の第2打席もフォーシームに中直に倒れて2打席連続凡退となった。    エンゼルスは0-0で迎えた5回に2番手のトレバー・ケイヒル投手がジェイソン・キプニス内野手に2ラン本塁打、3番手のブライアン ... 続きを見る


エンゼルス、復帰即活躍のルクロイを“戦力外” アストロズ戦で重傷→アストロズから獲得の選手を登録

2019/08/03

指揮官は非情通告に苦悩「楽しいものではない」  ロサンゼルス・エンゼルスのジョナサン・ルクロイ捕手が2日(日本時間3日)、40人のロースター枠から外されるDFAの措置を取られ、事実上の“戦力外”となった。    ルクロイはメジャー10年目の今季からエンゼルスに加入した33歳。正捕手として開幕から出場していたが、7月7日(同8日)のヒューストン・アストロズ戦でジェイク・マリズニック外野手とのクロスプレーにより脳震盪と鼻骨骨折の重傷を負って負傷者リスト(IL)入りとなった。    今季は負傷者リスト入りする前まで73試合に出場して打率.237、7本塁打、30打点の成績。一部の米 ... 続きを見る


大谷翔平、過去2発の好相性右腕に無安打で3の0 エンゼルスは“2番手投手”が7回2/3力投も実らず

2019/08/03

第2打席で二、三塁の好機も二ゴロ  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が2日(日本時間3日)、敵地プログレッシブ・フィールドでのクリーブランド・インディアンス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数無安打1四球だった。    大谷は自身の休養日とチームの試合がない日を挟んで7月30日(同31日)以来となる先発出場。この日は今季初対戦となるインディアンス戦だった。    インディアンス戦はデビュー年の昨季5試合に出場し22打数11安打、打率.500、4本塁打と好相性の大谷だが、この日のインディアンス先発の右腕マイク・クレビンジャー投手に対しても3打数2安打(2本 ... 続きを見る


MLBトレード覇者はアストロズ。グレインキーを中心に大きく市場変動、ポストシーズン見据えた補強続々

2019/08/01

米大リーグは31日(日本時間8月1日)、トレード期限を迎え、ヒューストン・アストロズを中心に市場が大きく動いた。中でも、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのエースであるザック・グレインキー投手を獲得し、先発ローテーションを盤石なものとしている。米公式サイト『MLB.com』が伝えている。 ... 続きを見る


正念場のエンゼルス、正捕手ルクロイ放出も 負傷離脱中に控え捕手定着。指揮官「タフな決断になる」

2019/07/31

好調グッドウィンもトレード候補に  ロサンゼルス・エンゼルスのジョナサン・ルクロイ捕手とブライアン・グッドウィン外野手に、トレードでの放出の可能性があることが分かった。米公式サイト『MLB.com』が30日(日本時間31日)、伝えている。    トレバー・バウアー投手がシンシナティ・レッズに移籍するなど、トレード市場もクライマックスを迎えているメジャーリーグ。31日(日本時間8月1日)の期限まであと1日と迫る中、予想もしなかった選手に移籍の可能性が出てきた。    トレード候補に挙がったのは、エンゼルス正捕手のルクロイ。同サイトによるとエンゼルスにはダスティン・ガーノウ捕手 ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、3安打固め打ち&昨季に並ぶ23度目マルチ 3戦ぶり安打&打点で快勝に貢献

2019/07/31

今季9個目の盗塁もマーク!攻撃に勢いつける  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打数3安打1打点の活躍を見せた。    前日まで2試合連続無安打など11打席連続で無安打だった大谷は、この日はタイガース先発の右腕ドリュー・バーヘイゲン投手から鬱憤を晴らすように次々に快音を響かせた。    大谷まず初回の第1打席で92.8マイル(約149キロ)のツーシームを中前安打。12打席ぶりとなる安打で“エンジン”を掛けた。    エンゼルスは2回にマ ... 続きを見る


大谷翔平、1カ月ぶりの大暴れ3安打“猛打賞” 中前適時打でエンゼルスがリード広げる

2019/07/31

シモンズにも適時打が飛び出し5回終了時で4-0  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席に痛烈な当たりの中前適時打を放った。    大谷は初回の第1打席で、タイガース先発の右腕ドリュー・バーヘイゲン投手から12打席ぶりの安打となる中前安打。久々に快音を響かせた。    エンゼルスは2回にマット・サイス内野手の第5号2ラン本塁打で2点を先制。投げても先発のグリフィン・キャニング投手も3回まで無失点で試合の主導権を握る。    大谷は3回 ... 続きを見る


大谷翔平、内野安打稼ぎ今季23度目マルチ&9個目盗塁も エンゼルスはサイスの2ランで先制成功

2019/07/31

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席に内野安打を放ちマルチ安打をマークした。    大谷は初回の第1打席で、タイガース先発の右腕ドリュー・バーヘイゲン投手から12打席ぶりの安打となる中前安打。久々に快音を響かせた。    エンゼルスは2回にマット・サイス内野手の第5号2ラン本塁打で2点を先制。先発のグリフィン・キャニング投手も3回まで被安打1、無失点の投球で流れを作る。    大谷は3回の先頭で第2打席を迎え、バーヘイゲンに対して ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、「3番・DH」で第1打席に中前安打! 外角低めの速球捉え12打席ぶり快音

2019/07/31

先制チャンス広げるも後続倒れて無得点  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席に12打席ぶりとなる安打をマークした。  2試合連続無安打を含む11打席連続無安打中で打率も.285まで落ちてきている大谷。この日のタイガースの先発は右腕ドリュー・バーヘイゲン投手で、自身久々となる快音が期待された。  エンゼルス先発のグリフィン・キャニング投手は初回を3者凡退に抑える幸先の良い立ち上がり。直後の攻撃では、1死から2番のマイク・トラウト外野手が四球を選び、続く大谷は第1打 ... 続きを見る


大谷翔平擁するエンゼルス、中地区タイガースとの対決。ブックメーカーの勝敗オッズは?

2019/07/30

 アメリカン・リーグ西地区に所属するロサンゼルス・エンゼルスと中地区デトロイト・タイガースが30日(日本時間31日)、対戦する。    今季の対戦成績は、2勝2敗と勝率は五分。3連戦の初戦となった29日(同30日)は、タイガースが勝利している。2試合連続無安打と調子を落とす大谷翔平選手は活躍できるだろうか。エンゼルスはグリフィン・キャニング投手、タイガースはドリュー・バーヘイゲン投手が先発予定となっている。    会員向けにMLBの試合を無料でライブストリーミング配信している『188BET』のオッズでは、エンゼルスの勝利が1.34倍、タイガースの勝利が3.15倍だ。つまり、 ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、1四球も3の0で11打席連続無安打 5日間で打率1分5厘落とし.285

2019/07/30

8回に不振バットリーが痛恨の3失点で連敗  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数無安打1四球に終わった。    エンゼルスは初回に先発のハイメ・バリア投手がタイガースの主砲ミゲル・カブレラ内野手に中堅バックスクリーンへのソロ本塁打を浴び、4回と5回にも適時打で失点を重ねて5回3失点で降板となった。    大谷は、タイガース先発の右腕ジョーダン・ジマーマン投手の前に第1打席はツーシームを痛烈に弾き返すも二ゴロ併殺、第2打席はフォーシームを打ち上げ ... 続きを見る


大谷翔平、四球選び満塁の絶好機演出も実らず エンゼルスは主軸凡退で逆転ならず3者残塁

2019/07/30

1点差に詰め寄るも、あと一本が出ず  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は四球で好機を演出するも追加点には繋がらなかった。    エンゼルスは初回に先発のハイメ・バリア投手がタイガースの主砲ミゲル・カブレラ内野手に中堅バックスクリーンへのソロ本塁打を浴びた後、4回にはクリスチャン・スチュワート捕手に適時二塁打を浴びて2失点目。さらに5回にジョディ・マーサー内野手にソロ本塁打を浴びて5回3失点で降板となった。    大谷は、タイガース先発の右 ... 続きを見る


大谷翔平、第2打席は内角高めの速球打ち上げ右飛 エンゼルスは中盤も追加失点し苦しい展開

2019/07/30

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席は右飛に倒れた。    大谷は第1打席、タイガース先発の右腕ジョーダン・ジマーマン投手に対して高め91.3マイル(約147キロ)のツーシームを弾き返すも二ゴロに倒れた。    エンゼルスは初回に先発のハイメ・バリア投手がタイガースの主砲ミゲル・カブレラ内野手に中堅バックスクリーンへのソロ本塁打を浴びた後、4回にはクリスチャン・スチュワート捕手に適時二塁打を浴びて2失点目。中盤に痛い失点を喫して0-2と苦戦 ... 続きを見る


大谷翔平、「3番・DH」で第1打席は痛烈な当たりの二ゴロ エンゼルスは初回タイガース主砲に一発浴びる

2019/07/30

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席は痛烈な当たりの二ゴロに倒れた。    エンゼルスは前日に若手有望のマット・サイス内野手のサヨナラ本塁打で劇的勝利。貯金「3」として、この日連勝を狙った。    エンゼルスは先発のハイメ・バリア投手が先頭から2者連続三振を奪ったものの、3番のミゲル・カブレラ内野手に中堅バックスクリーンへ特大のソロ本塁打を浴びて先制点を許した。    直後のエンゼルスの攻撃。タイガース先発の右腕ジョーダン・ジマー ... 続きを見る


大谷翔平、好捕に阻まれ3戦ぶり無安打 エンゼルスは新人サイスのサヨナラ弾で連敗ストップ

2019/07/29

プホルスは史上初の偉業で球史に名を刻む  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が28日(日本時間29日)、本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。4打数無安打と振るわなかったが、チームは5-4で勝利し、連敗を「3」で止めた。    初回、安打で出塁したデビッド・フレッチャー内野手を一塁に置き迎えた第1打席。オリオールズ先発ディラン・バンディ投手が投じた初球のストレートを弾き返すと、鋭い打球はレフト方向へと伸びたが、左翼手アンソニー・サンタンダーの好捕に阻まれ、レフトライナーに倒れる。    3回は、高く打ち上がる左飛。2-4と逆転され ... 続きを見る


大谷翔平、特大15号同点ソロも空砲 エンゼルスは主砲3人に一発出るも打ち合いに屈す

2019/07/28

一打サヨナラのチャンス作るも、あと一本が出ず  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、15号ソロを放つなど4打数1安打1打点だった。    エンゼルスは初回に先発のディロン・ピーターズが2点を先制されるも、直後の攻撃で2番のマイク・トラウト外野手がオリオールズの先発右腕アーロン・ブルックス投手から第34号2ラン本塁打を放ち2-2の同点とする。続く大谷は外角低め84.2マイル(約135キロ)のチェンジアップに空振り三振に倒れた。    エンゼルスは2 ... 続きを見る


大谷翔平、第4打席は左腕相手に二ゴロ エンゼルスはプホルスが一発、6-6の同点で終盤突入

2019/07/28

内角のカットボールを叩くも  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第4打席は二ゴロに倒れた。    大谷は第2打席にオリオールズ先発の右腕アーロン・ブルックス投手に対して、15試合ぶりの一発となる第15号ソロ本塁打を放ち、エンゼルスは5-5の同点に追い付く。    エンゼルスは6回に2番手のトレバー・ケイヒル投手がソロ本塁打を浴びて1点を勝ち越されたが、直後の攻撃でアルバート・プホルス内野手が右翼スタンドへ第16号ソロ本塁打を放ちすぐさま6-6の ... 続きを見る


大谷翔平、2打席連発はならず第3打席は左飛 外のツーシームを逆方向へ弾き返すもフェンス前で失速

2019/07/28

試合は5-5の同点で後半へ  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は左飛に倒れた。    エンゼルスは2点を追う初回の攻撃で、オリオールズ先発の右腕アーロン・ブルックス投手からマイク・トラウト外野手が第34号2ラン本塁打を放ち同点。大谷は直後の第1打席は外角低めのチェンジアップに空振り三振を喫した。    その後、2点を勝ち越し4-2としたエンゼルスだったが、先発のディロン・ピーターズ投手が3回に3失点し逆転を許す。それでも、その裏の攻撃 ... 続きを見る


大谷翔平、やっと出た!15戦ぶり第15号同点ソロ 右手一本で押し込んだ134.4mの特大アーチ

2019/07/28

低めのスライダーを完ぺきに捉え中堅へ  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席に特大の第15号同点ソロ本塁打を放った。    エンゼルスは初回に2点を先制されるも、直後の攻撃で2番のマイク・トラウト外野手がオリオールズの先発右腕アーロン・ブルックス投手から第34号2ラン本塁打を放ち2-2の同点とする。    しかし、続く大谷はカウント2-2から外角低め84.2マイル(約135キロ)のチェンジアップに空振り三振。過去2打数1安打(1本塁打)と ... 続きを見る


大谷翔平、第1打席は“苦手”外角低めに空三振 過去1HRの右腕から後半初アーチなるか

2019/07/28

プホルス、カルフーンがラインナップに戻る  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席は空振り三振を喫した。    4連戦の2戦を終え2連敗としているエンゼルス。初回にディロン・ピーターズ投手が2点を先制されるも、直後の攻撃で2番のマイク・トラウト外野手が右腕アーロン・ブルックス投手から第34号2ラン本塁打を放ち同点に追い付く。    そして続く大谷が第1打席を迎えたが、過去2打数1安打(1本塁打)としている右腕に対してカウント2-2からの9球 ... 続きを見る


大谷翔平、三塁打で3戦ぶり安打も…好機凡退の課題残す 4打数1安打で打率.293に下降

2019/07/27

エンゼルスは序盤の大量失点が響き連敗  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打数1安打だった。    エンゼルスは前日に延長16回を戦い10人の投手を起用したため、この日は急遽昇格させたニック・トロピアーノ投手が今季先発。しかし、初回に犠飛でいきなり失点し苦しい立ち上がりとなった。    大谷は直後の攻撃で2死走者なしでオリオールズ先発右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手と対戦するも、カーブを捉えた打球は伸びずに右飛に倒れた。   ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、好機で迎えた第3打席に遊ゴロ 再び初球弾き返すも右寄りシフトにかかる

2019/07/27

後続も凡退し反撃の得点ならず  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は遊ゴロに倒れた。    2試合連続無安打でこの日を迎えた大谷は、オリオールズ先発の右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手に対して第1打席はカーブに右飛に打ち取られ、エンゼルス打線も3回まで1人の走者も出せず苦戦を強いられる。    一方、エンゼルス先発のニック・トロピアーノ投手は、急遽昇格し今季初先発ということもあってか初回にいきなり失点。2回には3ラン本塁打を浴びるな ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、今季2本目の三塁打!初球捉え右翼線へ 3試合ぶり安打に観衆沸く

2019/07/27

第2打席で内角の速球を弾き返す  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席は今季2本目となる三塁打を放った。    エンゼルスは初回、急遽昇格し今季初登板のニック・トロピアーノ投手が初回に無安打のまま犠飛で先制点を失う。    その裏の攻撃では2死走者なしで2試合連続無安打の大谷が第1打席を迎えたが、オリオールズ先発の右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手の低めのカーブを捉えたものの右飛。3者凡退に倒れた。    6月9日(同10日 ... 続きを見る


大谷翔平、「3番・DH」で第1打席は右飛 エンゼルスは急遽昇格の今季初先発右腕が初回失点

2019/07/27

後半戦初本塁打なるか  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席は右飛に倒れた。    エンゼルスは前日に10人の投手を起用したため、この日は急遽昇格させたニック・トロピアーノ投手を先発マウンドに送った。一方、2試合連続無安打の大谷は、オリオールズの先発右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手と対戦。シーズン後半戦初本塁打に期待がかかった。    今季3登板目にして初先発となったトロピアーノは、初回に死球で出した走者を盗塁などで三塁まで進められ ... 続きを見る


大谷翔平、サヨナラ好機で凡退 エンゼルスは“外野手”の超遅球を打ちあぐね連勝ストップ

2019/07/26

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が25日(日本時間26日)、本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。8打席に立ち、3打席で出塁した。チームは延長16回の死闘の末、敗れた。    前日までのロサンゼルス・ドジャース戦ではDH制がなく、代打での出場となった大谷。本拠地に戻ったこの日は、4連勝中と勢いに乗るチームの先発ラインアップに復帰した。    第1打席、第2打席と四死球で出塁し、連続出塁を5試合に伸ばしたが、第3打席はオリオールズ2番手エシェルマンの前に凡退。1-2のまま迎えた7回の第4打席は1死一、二塁と長打が出れば逆転の場面 ... 続きを見る


大谷翔平、代打で四球選びチャンスメイク エンゼルスはシリーズ4連勝へ向けリード守る

2019/07/25

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が24日(日本時間25日)、敵地ドジャー・スタジアムでのロサンゼルス・ドジャース戦に代打で出場。四球を選んでチャンスメイクした。    ともにロサンゼルスに本拠地を構えるエンゼルスとドジャース。高速道路でいける距離であることから、「フリーウェイシリーズ」と呼ばれている。この日は同カード4連勝をかけた試合となった。    カルフーンの本塁打などで3-2と1点リードで迎えた8回、先頭コールの代打で登場した大谷。だが、この回からマウンドに上がったバイエズが大谷を警戒し、きわどいコースのチェンジアップを多投。大谷はそれを見極め、四球を選んだ。 ... 続きを見る


前田健太、5回途中7Kも3失点で7敗目 ドジャースはエンゼルスを追い詰めるもあと一歩及ばず

2019/07/24

代打・大谷翔平に先制打浴びる  ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が23日(日本時間24日)、本拠地ドジャー・スタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し、5回途中3失点で7敗目を喫した。    19日(同20日)のリリーフ登板から中3日での先発マウンドとなった前田は初回、先頭打者に四球を与えるも、マイク・トラウト外野手、ジャスティン・アプトン外野手をともにスライダーで連続三振に仕留めるなど3者連続で打ち取り無失点で立ち上がった。    続く2回は2死から連続四死球を与え一、二塁とピンチを招くと、ここで「オープナー」として登板していたテイラー・コール投手の代打で ... 続きを見る


ドジャース・前田健太、大谷翔平に先制打浴びるなど5回途中3失点 エンゼルスはトラウトが3戦連発

2019/07/24

7奪三振も球数かさみ5回に崩れる  ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が23日(日本時間24日)、本拠地ドジャー・スタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し、5回途中3失点で降板した。    前田は19日(同20日)のマイアミ・マーリンズ戦でリリーフ登板して以来、中3日を置いての先発登板。ポストシーズンを見据えて、昨季に続きリリーフ転向の可能性も噂される中での注目のマウンドとなった。    前田は初回、先頭のデビッド・フレッチャー内野手に四球を与えるも、マイク・トラウト外野手、ジャスティン・アプトン外野手をともにスライダーで連続三振に仕留める。さらに4番コール ... 続きを見る


エンゼルス最強センターラインが連続美技。シモンズの素手キャッチ、トラウトの159キロレーザー

2019/07/24

 ロサンゼルス・エンゼルスは23日(日本時間24日)、敵地でロサンゼルス・ドジャースと対戦。ディフェンス陣がファインプレーでチームを盛り上げている。米公式サイト『MLB.com』が同日、伝えている。    大谷翔平選手の適時打で1点を先制した直後の2回裏、オープナーのテイラー・コール投手に代わって、フェリックス・ペーニャ投手が第2先発として登板。だが、先頭のマックス・マンシー内野手を一塁手アルバート・プホルスの失策で出塁を許す。    ノーアウトのランナーを背負うことになったペーニャだが、エンゼルスにはメジャー屈指の守備力を誇る頼もしいセンターラインがいる。まず美技を見せた ... 続きを見る


大谷翔平、代打出場で前田健太から先制適時打! 150キロの内角フォーシーム捉え打率.300に

2019/07/24

2回にいきなり出番、仕事キッチリ!  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が23日(日本時間24日)、敵地ドジャー・スタジアムでのロサンゼルス・ドジャース戦に代打出場し、ドジャースの先発・前田健太投手から先制適時打を放った。    大谷はこの日、ナショナル・リーグの球団の本拠地ということでベンチスタート。代打出場に期待がかかった。    するとその時はいきなり訪れた。0-0で迎えた2回、エンゼルスは前田に対して2死から連続四死球で一、二塁のチャンスを作ると、ここで「オープナー」のテイラー・コール投手の代打として大谷が登場した。    大谷はカウント1-0から内角 ... 続きを見る


大谷翔平はエンゼルスをポストシーズン進出へ導けるか。故障乗り越え最強打線へ、トラウトの調子も大谷次第

2019/07/23

ロサンゼルス・エンゼルスが21日(日本時間22日)、シアトル・マリナーズ相手に連勝し、7連敗中のテキサス・レンジャーズを抜いてアメリカン・リーグ西地区3位に浮上した。ワイルドカード圏内までは5.5ゲームとポストシーズン進出争いに食らいついている。全4回にわたってチーム状況を分析してきた本企画の最終回は、野手陣だ。 【次ページ】負傷者続出の前半戦... 続きを見る





  • 記者募集