データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:マイケル・ロレンゼン

大谷翔平、自己最長飛距離に次ぐ141メートル特大弾! 米紙も驚愕「この春2回目のモンスターホームラン」

2021/03/17

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、クリーブランド・インディアンスとのオープン戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、大谷は3回の第3打席でバックスクリーンを超える特大ホームランを放った。大谷の活躍ぶりを米紙『オレンジカウンティ・レジスター』が報じている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    昨年サイ・ヤング賞に輝いたシェーン・ビーバー投手と対峙した大谷は2死三塁の場面でフルスイング。打球はバックスクリーンを超え2ランホームランを演出した。飛距離は464フィート(約14 ... 続きを見る


絶好調の大谷翔平、今度は141メートルの特大弾! 2試合連続本塁打に指揮官も思わず「ボトルに入れて10年間は保管しておきたい」

2021/03/17

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、クリーブランド・インディアンスとのオープン戦で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン。3回の第3打席で大谷はバックスクリーンを超える2ランホームランを打った。昨年サイ・ヤング賞に輝いたシェーン・ビーバー投手を相手に特大弾を放つ活躍を見せ、エンゼルスを率いるジョー・マドン監督を唸らせた。米公式サイト『MLB.com』が同日報じている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    大谷の打ったホームランは464フィート(約141.4メートル)と推定され、マド ... 続きを見る


大谷翔平が2戦3発の特大ホームラン! 米紙記者も衝撃「ワォ!大谷翔平がまたやった」

2021/03/17

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、クリーブランド・インディアンスとのオープン戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。大谷は3回の第3打席で昨年サイ・ヤング賞に輝いたシェーン・ビーバー投手と対峙すると、2死三塁の場面でバックスクリーンを超える2ランホームランを放った。この特大ホームランに対し、複数の米国記者がツイッターを通じて反応している。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    大谷はシンシナティ・レッズ戦に続くホームランで2戦3発の好調ぶりを発揮。MLB公式のレット・ボリンジャ ... 続きを見る


大谷翔平が2打席連続本塁打。被弾の“レッズ右腕”が称賛「彼は本物。二刀流を続けるべき」

2021/03/16

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、シンシナティ・レッズとのオープン戦で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン。初回で左方向にソロ本塁打を放つと、第2打席でも左方向へソロ本塁打とし、2打席連続本塁打を含む3打数2安打2打点の好調ぶりを披露した。被弾したシンシナティ・レッズのマイケル・ローレンゼン投手は「彼は本物。二刀流を続けるべき」であると、称賛の言葉を送っている。米公式サイト『MLB.com』が同日報じている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    “二刀流対決”となった今回の一戦 ... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手総合能力値ランキング6位~10位。二刀流リリーバー、7回の男も(2019シーズン版)

2020/07/12

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする... 続きを見る


【MLB】MLBに二刀流が登場!?救援投手が代打で決勝本塁打を放つ

2017/04/07

 6日に行われた、シンシナティ・レッズ対フィラデルフィア・フィリーズの試合で決勝本塁打を打ったのは、代打で登場した救援右腕のマイケル・ロレンゼンだ。    4対4の同点で迎えた6回裏2死、ロレンゼンは9番投手の打順に代打として出場する。「直球を狙って行った」とインタビューに答えたロレンゼンは、3-1からモーガンが投じた92マイル(約148キロ)の速球をフルスイング。ボールはセンター方向へぐんぐん伸びていき、スタンドイン。勝ち越しとなるソロ本塁打を記録した。    投手の代打本塁打は、同じくレッズで2009年にミカ・オーウィングスが記録して以来のことだった。     ... 続きを見る







  • 記者募集