データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:フェリックス・ヘルナンデス

ワールドシリーズの真の勝者はスコット・ボラス氏? コール、ストラスバーグ、レンドーンらFA目玉選手が揃って活躍

2019/10/30

昨オフはハーパーが巨額契約を結ぶ  今年で115回目を数えるワールドシリーズはワシントン・ナショナルズとヒューストン・アストロズがともに敵地で連勝し、アストロズの3勝2敗で勝負の行方はヒューストンでの第6戦以降に持ち込まれた(10月28日現在)。どちらのチームがワールドチャンピオンの称号を得るにしても、勝利を手中に収めることになる人物が大物代理人として知られるスコット・ボラス氏だ。    何しろ、今ワールドシリーズで活躍する両チームのスター選手の殆どがボラス氏と代理人契約を結んでいる。アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手、ナショナルズのマックス・シャーザー投手、同フアン・ソト外野手ら ... 続きを見る


「引退はしない」。マリナーズ退団確実のヘルナンデス、現役続行に意欲

2019/09/29

マリナーズ一筋15年。2010年サイ・ヤング賞受賞  シアトル・マリナーズでの涙のラスト登板を終えた、”キング”フェリックス・ヘルナンデス投手は、来季以降も現役続行に強い意欲を見せているようだ。現地27日(日本時間28日)、ヘルナンデスの母国ベネズエラの『リーデル』紙が報じている。    現地26日(日本時間27日)に行われた対オークランド・アスレチックス戦で先発登板したヘルナンデス。5回1/3を投げ、敗戦投手となってしまったが、6回途中での降板時には球場全体からの大歓声を浴び、チームメイトとの抱擁を交わし、感極まるシーンが話題を集めた。    メジャーデビューから15年、 ... 続きを見る


退団確実の『キング』ヘルナンデス、本拠地登板で涙 マリナーズの大エースがキャリアに一区切り

2019/09/27

 シアトル・マリナーズは26日(日本時間27日)、本拠地でオークランド・アスレチックスと対戦。今季限りでの退団が確実となっているフェリックス・ヘルナンデス投手が先発し、本拠地のファンに涙ながらの別れを告げた。試合は1‐3でマリナーズが敗れた。    試合は初回、2回とヘルナンデスが失点。しかし、その後を無失点に抑え、6回1死まで3失点でマウンドを降りた。    試合の結果以上に注目を集めたのは『キング』の異名を持つ右腕の姿だ。19歳でメジャーデビューすると、初年度から防御率2.47をマークするなど鮮烈な活躍。2年目に12勝をあげ、エースとしての立場を確立した。4年目こそ9勝 ... 続きを見る


マリナーズ・ヘルナンデス、大型契約最終年も来季へ意欲「チャンスある」 通算奪三振で殿堂選手抜く

2019/08/30

今季残り登板は5試合か。残留か移籍か…奮闘続ける  シアトル・マリナーズの“キング”ことフェリックス・ヘルナンデス投手が29日(日本時間30日)、敵地グローブライフ・パークでのテキサス・レンジャーズ戦に先発して5回3失点。勝利投手にはなれなかったが、歴代単独37位となる通算2508奪三振をマークした。    試合前まで2505奪三振としていたヘルナンデスは、初回にソロ本塁打を浴び先制を許したが、マリナーズは2回に3得点し逆転に成功。リードをもらった右腕は、直後の投球で1点を返されるも2三振を記録した。    そして続く3回は1死からダニー・サンタナ内野手に対してフルカウント ... 続きを見る


マリナーズの2019年ローテ陣は? 菊池雄星はエースとなれるか【編集部フォーカス】

2019/03/20

 2019年シーズン開幕に向け、各球団がオープン戦で調整中。今季の日本人メジャーリーガーでは、田中将大投手ら先発投手陣に注目が集まる。4人の先発陣の球団の先発ローテーションを紹介する特集、第3回となる今回は、埼玉西武ライオンズから移籍した菊池雄星投手の所属するシアトル・マリナーズだ。    今季開幕投手は昨季13勝のマルコ・ゴンザレス投手で、2戦目には菊池が先発する予定。6度の二けた勝利を誇るマイク・リーク投手、昨季メジャー10年目にしてキャリアハイの9勝を挙げたウェイド・レブランク投手が続き、長年エースに君臨した”キング”ことヘルナンデスにも期待がかかる。    不安要素 ... 続きを見る


「ショックだが理解している」11年連続の開幕投手の座を逃した”キング”が心中を告白

2019/03/11

2009年から10年連続で開幕投手を務めてきた”キング”    シアトル・マリナーズのスコット・サービス監督は、来る20日、21日に開催される日本での開幕シリーズの先発投手を発表。その一方で、過去10年連続で開幕投手を務めてきた”キング”フェリックス・ヘルナンデス投手には、開幕投手として起用しないことを伝えたようだ。9日(日本時間同9日)、米国メディア『ESPN』が失意のヘルナンデスのコメントを報じている。    サービス監督は、20日の開幕戦の先発をマルコ・ゴンザレス投手に、翌21日の先発を菊池雄星投手にすることを明言。これにより、ヘルナンデスの開幕戦先発は消滅した。メジ ... 続きを見る


MLB現役勝利数TOP10は? サバシアとコロンは大台目前、最年少のカーショウに期待【編集部フォーカス】

2019/02/28

今月、MLB通算246勝を誇る左腕C.C.サバシア投手(ニューヨーク・ヤンキース)が、今季限りでの現役引退を表明した。今年39歳になるサバシアが積み上げてきた、この246勝という数字は現役選手で2位、MLB史上でも51位タイという輝かしいものだ。ここでは現役投手の通算勝利数にフォーカスする。 【次ページ】バートロ・コロン... 続きを見る


マリナーズの”キング”、復活へ執念「衰えていない。まだまだやれる」

2019/02/16

   昨季、絶不調に終わったシアトル・マリナーズの”キング”ことフェリックス・ヘルナンデス投手。32歳のベネズエラ人右腕は、マリナーズとの契約最終年となる今シーズンの復活に向け意気込んでいる。13日(日本時間14日)、公式サイト『MLB.com』のスペイン語圏向けサイト『ラス・マジョーレス.com』がヘルナンデスの近況を報じている。    昨シーズンは、8勝14敗、防御率5.55と絶不調に終わり、シーズン途中には中継ぎに降格し、キャリア初のリリーフ登板も経験するという、自身にとって屈辱的な一年となった。ヘルナンデスは、キャンプインにあたり「昨季の事は関係ない。もう新しい年だ ... 続きを見る


マリナーズ・ヘルナンデス、キャリアワースト防御率5点台 失意の“キング”、来季は勝負の1年

2018/10/01

 シアトル・マリナーズの“キング”ことフェリックス・ヘルナンデスが失意の2018年シーズンを終えた。8勝14敗、防御率5.55という今季成績に2010年サイ・ヤング賞投手の面影はない。母国ベネズエラメディア『リーデル』は9月28日(日本時間29日)、「ヘルナンデス、光を見ることのなかった後半戦」と不本意な彼のシーズンを報じている。    9月26日(同27日)のオークランド・アスレティックス戦で今季最終登板を終えたヘルナンデス。この日は、4回4失点と今季を象徴する出来で敗戦投手となった。結局、6月30日(同7月1日)以降勝ち星を挙げられず、7月以降の登板11試合では0勝8敗、防御率6 ... 続きを見る


マリナーズ、地区上位が潰し合いの間に痛い2連敗 好投のヘルナンデス「怒りが湧いている」

2018/08/29

 アメリカン・リーグ西地区3位のシアトル・マリナーズが28日(日本時間29日)、敵地でのサンディエゴ・パドレス戦で惜敗。地区首位と同2位が直接対決を行っている間に勝ち星を積み重ねたいところだが、痛い連敗となった。    マリナーズは、先発のフェリックス・ヘルナンデス投手が7回2失点と好投したが、打線が援護できず9回にネルソン・クルーズ外野手の本塁打で1点を返すのがやっと。1-2で惜敗し、2連敗となった。    現在、地区首位のアストロズと2位のアスレチックスは直接対決3連戦を行っており、この日までに1勝1敗と星の取り合い。マリナーズとしてはこの間に白星を1つでも多く積み上げ ... 続きを見る


マリナーズ、エース奮投で接戦制し単独首位浮上! 最近16戦13勝…王者アストロズかわす

2018/06/04

 シアトル・マリナーズが3日(日本時間4日)、本拠地セーフコ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズ戦に勝利し、ヒューストン・アストロズをかわし地区単独首位に浮上した。    マリナーズは1点を追う8回、5月25日(同26日)にレイズからトレードで移籍したデナード・スパン外野手がタイムリー安打を放ち同点に追いつくと、さらにチャンスでディー・ゴードン外野手がショートへのタイムリー内野安打を放って勝ち越し。この回2得点で逆転に成功した。    投げては、エースのフェリックス・ヘルナンデス投手が8回106球を投げて被安打5、与四球1、奪三振7、失点1の好投。最後はクローザーのエド ... 続きを見る


マリナーズ、イチロー復帰でスター軍団の濃度増す。新加入の若手との化学反応に期待【30球団戦力紹介】

2018/04/12

 今年もメジャーリーグが開幕した。世界一を目指すチーム、数年後の奪還へ向けて再建を図るチーム…いずれにしても、様々な状況の中で162試合という長いシーズンを戦い抜かなければならない。それぞれの戦力とともに、どんな位置付けになっているのか見てみよう。... 続きを見る


マリナーズ160勝右腕が史上7人目の10年連続開幕投手「名誉なこと」

2018/03/26

 シアトル・マリナーズのエース、フェリックス・ヘルナンデス投手が10年連続となる開幕投手を務めることになった。    ヘルナンデスはベネズエラ出身の31歳で、2010年にサイ・ヤング賞を受賞するなど通算160勝を誇る。メジャー14年目を迎えた今季は、オープン戦で右腕に打球を受けたが順調に回復。24日(日本時間25日)のシカゴ・カブス戦では3回2/3を投げ被安打4、与四球1、奪三振3、失点1という成績だった。    米公式サイト『MLB.com』によれば、ヘルナンデスは「スプリングトレーニングでは8イニングしか投げていないので、例年とは少し違う。しかしやることはいつもと同じ。 ... 続きを見る


【MLB】マリナーズ、今年もポストシーズン逃す イチロー初年度以来進出なしで最も遠ざかっている球団に

2017/09/25

 シアトル・マリナーズは24日(日本時間25日)、本拠地でクリーブランド・インディアンスに2-4で敗戦。この敗戦によって16年連続でポストシーズン進出を逃すこととなった。    16年連続ポストシーズン未進出はMLBの30球団の中で現在最長の記録だ。最後に進出したのはイチローがMLB挑戦を果たした2001年。この年は歴史的快進撃によってMLBタイ記録となるシーズン116勝を挙げ、ポストシーズンへ進出した(リーグチャンピオンシップシリーズでヤンキースに敗戦)。    マリナーズの次にポストシーズンから遠ざかっている球団はマーリンズで、2003年以降14年連続。次いでパドレスの ... 続きを見る


【MLB】マリナーズの”キング”、今季2度目のDL入り。10年連続2桁勝利に暗雲

2017/08/06

 シアトル・マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス投手(31)が、上腕二頭筋の腱炎で今季2度目の故障者リスト入りとなったことを、5日(日本時間6日)付でMLB公式サイトが報じた。    記事によると、ヘルナンデスは10日間の故障者リスト入りとなり、8月2日に遡って適用されることになったため8月13日以降に試合出場が可能となる。そして、ヘルナンデスの代わりにセントルイス・カージナルスからトレードで獲得したマルコ・ゴンザレス投手を3Aから昇格させる。    マリナーズの誇るタフネス剛腕に異変が起こっている。2008年から9年連続で200イニング以上、2009年から9年連続で2桁 ... 続きを見る


【MLB】岩隈久志、”模擬試合”を経て来週にはマイナーリーグで実戦復帰か

2017/06/11

 右肩炎症で故障者リスト入りしている岩隈久志投手は、11日(日本時間12日)に本拠地・セーフコ・フィールドで2イニングの”模擬試合”を行うことが決まった。    模擬試合はMLBでよく行われている調整方法で、投手・打者・捕手の3人で行う。非常にシンプルな構成となっているため、ストライクの判定はブルペン捕手、もしくは投手コーチが行う。また、守備には誰も就いていないため、打球によってヒットかアウトを判断することになる。    岩隈はこの模擬試合で2イニング分を”想定”して投球を行う予定となっている。この調整やマイナーリーグでの登板を経て実戦感覚を取り戻し、1軍への復帰を目指すと ... 続きを見る


【MLB】岩隈の状態について指揮官「ヘルナンデスよりも回復が遅い」

2017/05/30

 シアトル・マリナーズに所属し、現在は右肩炎症で故障者リスト入りしている岩隈久志投手が、27日にブルペンで投球練習を行った。同じく復帰を目指しているフェリックス・ヘルナンデス投手は順調に回復をしているが、岩隈はもう少し時間がかかるようだ。地元紙の『シアトル・タイムズ』が報じている。    マリナーズのサービス監督は、ヘルナンデスの復帰については、「正しい方向に進んでいる」とコメントして、27日に続けて30日にもブルペンに入ると答えた。    しかし、一方で岩隈の回復については、「フェリックスよりも進行が遅い」と答え、「まだいくつかのことに取り組んでいる」としたサービス監督。 ... 続きを見る


【MLB】岩隈、右肩炎症で復帰まで4~6週間の見込み。復帰遅れればオフの去就にも影響か

2017/05/14

 シアトル・マリナーズは12日(日本時間13日)に、右肩炎症で故障者リスト入りした岩隈久志投手の復帰には4~6週間ほどかかる見込みであることを発表した。    岩隈は3日(日本時間4日)のロサンゼルス・エンゼルス戦でアンドレルトン・シモンズの放った打球が左膝に直撃し負傷していた。そして、膝の調子が悪い中投球することで肩にも影響が出ると見込まれ、10日に故障者リスト入りした。11日には精密検査を受け、チームドクターのエドワード・カルファイアン氏に右肩炎症と診断された。    MLB公式サイトによると、マリナーズのスコット・サービス監督は「4週間で戻ってこられるのであれば、私は ... 続きを見る


【MLB】マリナーズ・岩隈、肩の炎症で10日間の故障者リスト入りへ。マリナーズは開幕ローテ崩壊の緊急事態

2017/05/11

 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が、現地10日(日本時間11日)に肩の炎症で10日間の故障者リスト入りとなったことを、マリナーズ球団公式サイトが報じた。昨季まで故障者リストは15日間か60日間となっていたが、今季から15日間の枠が10日間に変更されている。    MLBの25人の登録選手枠に入っている選手が故障者リストに入った場合、10日間は復帰が不可能となり、代わりの選手をマイナーなどから補充することが可能となる。    そのため、岩隈の代わりには、3Aで2勝3敗、防御率3.31という成績を残し、3月に行われたWBCではイタリア代表に選出されていたサム・ガビグリオ投手 ... 続きを見る


【MLB】青木が開幕戦スタメンで3打数1安打。昨季までの同僚ヘルナンデスから初球打ち

2017/04/04

 今季からヒューストン・アストロズに所属する青木宣親外野手は、昨季所属していたシアトル・マリナーズとの開幕戦に9番左翼で先発出場し、3打数1安打を記録した。    3回裏の第1打席はマリナーズのエースのヘルナンデスの初球を叩き、左前安打を放つ。第2打席は左翼線に鋭い当たりを放つが、これはマリナーズの左翼手・ダイソンの好守に阻まれ安打とはならず。    7回裏の第3打席は遊ゴロに倒れ、8回から交代となった。この日は3打数1安打の成績に終わった。    チームはエース・カイケルが7回まで2安打の快投を披露。打ってはスプリンガーとコレアの一発などで3対0と完封勝利を飾っ ... 続きを見る


期待膨らむダルビッシュ、大本命レンジャーズを牽引へ。対抗アストロズは青木ら補強で破壊力アップ【MLB展望:ア・リーグ西地区】

2017/04/01

ダルビッシュ&ハメルズの左右エースが中心に ア・リーグ西地区 ◎テキサス・レンジャーズ 〇ヒューストン・アストロズ 〇シアトル・マリナーズ △ロサンゼルス・エンゼルス △オークランド・アスレチックス   昨季地区優勝を果たしたレンジャーズ。オフの補強は控えめとなったが、それでも西地区優勝候補として期待が高まる。    打線はエイドリアン・ベルトレ、ルーグネッド・オドーアら主軸を中心に、秋信守、ジョナサン・ルクロイ、エルビス・アンドルスといった選手が脇を固める。走攻守にバランスが取れており、今年も安定した成績を残すことが期待される。   投手陣はダルビッシュ有、コー ... 続きを見る


マリナーズ、先発投手補強で岩隈ら4枚盤石。地区Vへハニガーら若手有望株の台頭にも期待【チーム分析・キャンプ編】

2017/02/20

 昨シーズンは86勝76敗でアメリカン・リーグ西地区の2位となったシアトル・マリナーズ。今季は2001年以来の地区優勝とチーム史上初のワールドシリーズ進出を目指す。    先発陣は昨シーズンに比べて大きく変わった。フェリックス・ヘルナンデス投手、岩隈久志投手の2枚看板は変わらずだが、タンパベイ・レイズからドリュー・スマイリー投手をトレードで獲得。スマイリーはWBC米国代表にも選ばれた左腕だ。    また、ボルティモア・オリオールズからはヨバニ・ガヤード投手をセス・スミス外野手とのトレードで補強。直近8シーズンで99勝を挙げているガヤードもまた、WBCのメキシコ代表に選出され ... 続きを見る





  • 記者募集