データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:ドラフト2020

2020年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/10/26

育成枠の最多指名は巨人の12人  「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、12球団のドラフト指名選手が確定した。支配下74人(セントラル・リーグ39人、パシフィック・リーグ35人)、育成49人(セ・リーグ23人、パ・リーグ26人)、合わせて123人が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    注目された早稲田大の早川隆久投手は東北楽天ゴールデンイーグルス、近畿大の佐藤輝明内野手は阪神タイガース、中京大中京の髙橋宏斗投手は中日ドラゴンズがそれぞれ交渉 ... 続きを見る


【ドラフト速報】中京大中京高・髙橋宏斗は中日が交渉権を獲得! 与田監督は「抽選にならなくてよかった」

2020/10/26

 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、中京大中京高の髙橋宏斗投手は、ドラフト1位で中日ドラゴンズが交渉権を獲得した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    高校生ナンバー1投手はドラフト1位で中日ドラゴンズが一本釣りで交渉権を獲得した。    昨年は石川昂弥内野手、一昨年は根尾昂内野手のくじを2年連続で引き当てていた与田監督は「抽選にならなくてよかった」とコメント。3年連続となる地元出身の高校生選手の交渉権獲得に安堵の表情が見られた。 &nb ... 続きを見る


【ドラフト速報】早川隆久は4球団競合で楽天、佐藤輝明は4球団競合で阪神、高橋宏斗は一本釣りで中日が交渉権を獲得! 12球団のドラフト1位が確定

2020/10/26

 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、12球団のドラフト1位指名選手が確定した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    複数球団が1位指名を公表していた、早稲田大の早川隆久投手は4球団競合の末、東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉権を獲得。近畿大の佐藤輝明内野手も4球団で競合し、抽選で阪神タイガースがくじを引き当てた。    そして、中日ドラゴンズが1位指名を公表していた中京大中京の高橋宏斗投手は、中日が一本釣りに成功した。    そ ... 続きを見る


【ドラフト速報】早稲田大・早川隆久は楽天が交渉権を獲得! 石井GMは「左手で引くと決めていた」

2020/10/26

 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、早稲田大の早川隆久投手は、ドラフト1位で4球団が競合し、抽選の末に東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉権を獲得した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    早川を指名したのは、ヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団。ヤクルト、楽天、西武、ロッテの順番にくじを引き、楽天の石井一久GM(ゼネラルマネージャー)が左手でくじを引き当てた。    抽選後、「超プラチナチケット」を手にした石井GMは「スカウトの皆さんの思 ... 続きを見る


【ドラフト速報】近畿大・佐藤輝明は阪神が交渉権を獲得! 矢野監督は「直感で引いた」

2020/10/26

 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、近畿大の佐藤輝明内野手は、ドラフト1位で4球団が競合し、抽選の末に阪神タイガースが交渉権を獲得した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    佐藤を指名したのは、オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団。オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の順番にくじを引き、阪神の矢野燿大監督が右手でくじを引き当てた。    抽選後、「超プラチナチケット」を手にした矢野監督は「本当に嬉しいです」とコメント。表情からは期 ... 続きを見る


ドラフト隠し玉となるか? 独立リーグからNPB入り目指す選手たち<ルートインBCリーグ・四国アイランドリーグplus・さわかみ関西独立リーグ>【ドラフト2020】

2020/10/23

 いよいよ10月26日に行われるプロ野球ドラフト会議。今年は伊藤大海(苫小牧駒澤大)早川隆久(早稲田大)、佐藤輝明(近畿大)らの1位指名が確実視されている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    一方で、近年のNPBにおいて増加傾向にあるのが、独立リーグ出身選手だ。ほとんどが下位、育成での指名だが、タイトル経験者の角中勝也(千葉ロッテマリーンズ)、侍ジャパンも経験した又吉克樹(中日ドラゴンズ)、近年では増田大輝(読売ジャイアンツ)、和田康士朗(千葉ロッテマリーンズ)らを輩出。チームの重要戦力となっている。   ... 続きを見る




  • 記者募集