データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





タグ:シカゴカブス

侍J、カブスとの練習試合で敗戦。投手陣は精彩欠くも、野手陣は明日以降に繋がる粘り見せる

2017/03/19

 侍ジャパンは18日(日本時間19日)、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドに向けた練習試合を、昨季ワールドシリーズチャンピオンのシカゴ・カブスとスローン・パークで行い、6-4で侍ジャパンが敗戦を喫した。    カブス先発は昨季11勝のラッキー、侍J先発は藤浪で始まった試合は、初回から動いた。    1回表、2番菊池が左翼スタンドに本塁打を放ち1点を先制。  しかし、1回裏には、この日1番で先発出場の川崎に内野安打を浴びると、盗塁と2人連続の一ゴロで1点を返され、同点に追いつかれる。    3回裏には、先頭の川崎に四球で出塁を許し、その後盗塁と ... 続きを見る


【速報・7回】侍打線、得点圏に走者出すも無得点。宮西はピンチ招くも要所を抑え無失点

2017/03/19

 7回からは、カブスの主力中継ぎ投手のペドロ・ストロップ投手が登板。  4番筒香が安打を放ち出塁すると、途中出場の5番山田の打席の暴投の際に二塁に進塁し、得点圏に走者を進める。しかし、山田は空振り三振、6番鈴木は遊飛、7番松田も二ゴロに倒れ、チャンスを活かすことが出来なかった。    侍Jは、7回から今大会好調の宮西をマウンドに送る。  4番シーザーから空振り三振を奪うも、5番の代打・デイビスに左前安打を浴びる。6番ハップは一ゴロに打ち取るも、二死二塁とピンチを招く。しかし、7番カンデラリオを左飛に打ち取り、ピンチを招いたが無失点に抑えた。   カブス 6-1 侍ジャパン ... 続きを見る


【速報・6回】侍打線、カブス守護神候補の前にまたも三者凡退。松井はソロ浴び5点差に

2017/03/19

 6回からカブスは、守護神候補のウェイド・デービス投手をマウンドへ送る。  45登板で防御率1点台の右腕の前に、この回も打線が沈黙してしまった。    1番からの好打順だったが、1番田中は左飛、2番菊池は1度もバットを振ることなく三球三振、途中出場の3番秋山も左飛に倒れまたも三者凡退に終わった。    侍Jは、6回から増井に代えて松井をマウンドに送る。  しかし、松井も登板後の初球を代打・ボルトに右翼席に運ばれ1失点を喫する。    このイニングは、スプリングトレーニングの招待選手でもなく、ベンチ入りリストに登録されていないマイナーリーグの選手の代打攻勢が目立った ... 続きを見る


【速報・5回】日本ハムバッテリー、連打に耐えられず2失点。打線も三者凡退と反撃見せられず

2017/03/19

 4回まで49球で菊池の本塁打のみの1点で抑えられている侍打線。 なんとか攻略の糸口を掴み、得点を狙いたいところだったが、この回もラッキーの前に淡白な攻撃となった。7番松田は捕邪飛、8番平田は一飛、9番大野は空振り三振と、この回も相手の術中にはまってしまった。    5回からは増井が登板。捕手・大野との日本ハムバッテリーとなった。 増井は、先頭の3番ヘイワードに安打を許し無死で走者を背負ったが、4番シーザーを右飛に打ち取るも、5番モンテロに左翼線に二塁打を放たれ、1死2・3塁とピンチを作る。そして、6番ハップに犠飛、7番カンデラリオに一二塁間を破る適時打を浴び、2点を失った。  8番 ... 続きを見る


【速報・4回】反撃を見せたい侍打線、この回も安打出ず…

2017/03/19

 3回に勝ち越し点を許し、反撃を見せたい侍打線。  しかし、4番筒香は中飛、5番中田は前打席と同様の遊ゴロ、6番鈴木も右飛に倒れ相手先発・ラッキーの前に三者凡退に終わる。    裏の守備では、9番ラッキーを中飛、1番川崎を二ゴロ、2番ゾブリストを中飛と三者凡退に抑える。3回には連打を浴びるなど乱調気味となっていた藤浪だが、この回は持ち直し、無失点に抑えた。   カブス 3-1 侍ジャパン   投手リレー 【侍ジャパン】 藤浪 91球 【カブス】 ラッキー 49球   本塁打 【侍ジャパン】 菊池(1回ソロ) 【カブス】   バッテリー 【侍ジャ ... 続きを見る


【速報・3回】藤浪、カブスに逆転許し3-1に

2017/03/19

 侍ジャパンの大野は5球目の146キロのストレートを右飛、田中は3球目の143キロのストレートをサードゴロと2者連続で倒れる。菊池は7球を投じさせ四球で出塁。青木は初球から打ちにいくもニゴロと、続くことができなかった。    カブスは1番・川崎から。川崎は一度もバットを振らずに四球で出塁すると、ゾブリストの打席で再び盗塁を成功させ無死二塁。6球目のストレートをライトへ放ち、タイムリースリーベースヒットとし、2-1と勝ち越した。続くヘイワードがライトへのタイムリーヒットを放ち、1点追加。4番・シーザー、5番・モンテロから連続で空振り三振を奪う。ハップは内野安打、カンデラリオは四球で出塁 ... 続きを見る


【速報・2回】藤浪は2つ目の四球を出すも無失点で切り抜ける

2017/03/19

 侍ジャパンは鈴木から。鈴木はサードに強烈な打球を放ち、内野安打で出塁するも、松田はショートへの併殺で2死、平田は空振り三振に倒れた。    カブスのハップを空振り三振で1死。カンデラリオは四球で出塁させるも、ドミンゲスを三ゴロ、ラッキーを空振り三振に打ち取り、この回両チーム無得点に終えている。   カブス 1-1 侍ジャパン   投手リレー 【侍ジャパン】 藤浪 42球 【カブス】 ラッキー 34球   本塁打 【侍ジャパン】 菊池(1回ソロ) 【カブス】   バッテリー 【侍ジャパン】 藤浪-大野 【カブス】 ラッキー-モンテロ... 続きを見る


【速報・1回】菊池のソロホームランで先制も、ヘイワードのゴロの間に1点返され同点

2017/03/19

 侍ジャパンは18日(日本時間19日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドに向けた練習試合を、昨季ワールドシリーズチャンピオンのシカゴ・カブスとスローン・パークで行っている。    侍ジャパンの先頭打者・田中広輔(広島)は右飛に倒れるも、2番・菊池涼介は左翼スタンドに先制となるホームランを放り込んだ。3番・青木宣親(アストロズ)は三振、4番・筒香嘉智はセンターへヒットを放つ。5番・中田翔はショートゴロに倒れて3アウトとなった。    シカゴカブス川崎宗則はボテボテのヒットゴロで菊池がグラブトスをするも川崎の足が勝り内野安打で出塁。その川崎が動く。 ... 続きを見る