データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍J、気になる“気の緩み”。2Rは東京ドーム特有の一発に警戒を【小宮山悟の眼】

WBCで侍ジャパンは3連勝で1次Rを突破した。2次Rはさらなる強敵が待ち構えていることになるが、果たして何に警戒すべきなのか? 野球評論家・小宮山悟氏が解説する。

2017/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



ホームランに警戒

 これから2次Rはシビアな戦いになっていく。ただ1次Rとは違って、目標は明確になった。オランダ、キューバ、イスラエルと試合をして、勝ち上がったらロサンゼルスに行く。先の目標が見えているため、そこに立ち向かうだけだ。
 
 2次ラウンド初戦は石川歩投手(ロッテ)が先発する。確かにいまの調子を鑑みると、石川の投球は緩急をつけられるため、強力打線のオランダには効果的なのかもしれない。ただ、石川が早めにつかまることもあり得る。
 
 則本昂大投手(楽天)のスタンバイが必要だし、仮に則本の準備が整わない展開になった際は、ブルペン投手を繋がせることも視野に入れなければならない。宮崎の合宿や1次Rで岡田俊哉投手(中日)をテストしてきたから、上手く起用したい。
 
 2次Rは、球場が東京ドームということを1次R以上に警戒しなければならない。
 
 東京ドームが一番怖いのは一発があること。特に、ランナーを置いてのホームランは避けたい。打たれるのを嫌がってフォアボールでランナーをためることは一番やってはいけない。
 
「打たれるくらいなら、慎重になって歩かせてもいい」という意見もあるが、それは東京ドームでは非常に危険。ドジャー・スタジアムに行くまでは、それは我慢しなければいけない。
 
 あれだけいいゲームをしていたオーストラリアの最終戦がまさにそうだった。キューバの3番、フレデリク・セペダ外野手に慎重に攻めて四球を出して満塁となって主砲のアルフレド・デスパイネ外野手(ソフトバンク)にグランドスラムを浴びた。こういうのは、1番ダメージとして残る。
 
 チームはいい形で勝ち上がった。これを初戦のオランダ戦につなげるためには、あまり相手を意識せずに臨むことだろう。メディアも含めて「オランダが強敵だ」という論調が多い。確かに打線には錚々たるメンバーが揃っているのは間違いないが、「相当大変な試合になる」と変なプレッシャーはかけすぎずに臨んでもらいたい。
 
 これからが本番だ。繰り返すが、小林のホームランの瞬間にダグアウト全体が笑いに包まれている雰囲気は気になる。しっかり気を引き締めてもらいたい。“気の緩み”がなければ、2次Rもいい試合ができるはずだ。
 
 
小宮山悟(こみやま・さとる)
 
1965年、千葉県生まれ。早稲田大学を経て、89年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)へ入団。精度の高い制球力を武器に1年目から先発ローテーション入りを果たすと、以降、千葉ロッテのエースとして活躍した。00年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。02年はボビー・バレンタイン監督率いるニューヨーク・メッツでプレーした。04年に古巣・千葉ロッテへ復帰、09年に現役を引退した。現在は、野球解説者、野球評論家、Jリーグの理事も務める。

1 2



  • 記者募集