データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷との投手戦を制した岸 打たれた1球に見えた、エースの素顔【中島大輔 One~この1球をクローズアップ】

3試合連続完投負け、前回登板も5回降板で今季1勝4敗と苦しんでいるエース岸孝之が11日リーグトップの勝ち頭の大谷翔平と投げ合い、完投で47日ぶりの白星をつかんだ。先制された直後に味方が逆転し、9回もマウンドに上がった岸。今回は9回2死から中島卓也に打たれた配球をクローズアップする。

2015/08/15

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



失投で先制許すも味方の逆転で奮起

 試合中盤は安定感抜群の投球をしていたものの、7回、痛恨の失点で先制される。田中賢介にレフト前タイムリーを打たれたボールは、高めに抜けたチェンジアップだった。

「(打たれても)しょうがないと思えるボールではなかったので。失投を打たれての失点だったので。しょうがないと思えるようなボールなら、まだあれでしたけど」

 悔いの残る1球で、難敵・大谷相手に先制点を与えた。好投を続けながら、勝てずにいた過去5試合と同じような展開になってしまった。
 だが、裏の攻撃でメヒアがツーランを放ち、逆転に成功する。この一発が、エースに気合を注入した。

「相手がすごくいいピッチングをしていたので。そんななかで僕が先に点を取られて、そういう流れをつくってしまったので。今日もその流れと言えばその流れだったんですけど、メヒアの一発に救われました」

 そして最後まで投げ切り、久々の勝利を手にしたのだ。

 最終回、中島にヒットを打たれた直後、田中を打ち取ったのはストレートだった。炭谷はミットを外に構えたが、147kmのボールが打者の体の近くに向かっていく。力のあるボールで、セカンドゴロに打ち取ってみせた。

「大谷くんに勝って、3連戦の頭をとりました。(8月9日に高橋)光成が初勝利して、その流れで来たと思うので。とりあえずよかったです。だいたい僕、カードの頭は全部負けているので、とりあえずホッとしています」

 岸は報道陣の質問に答え終わると、誰に向かってでもなく、一言つぶやいた。

「次、頑張ります」

 クライマックスシリーズ進出を目指すシーズン終盤に向け、頼れるエースが大きな1勝を手にした。

1 2