データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】白熱必至のCSファイナルステージ。勝敗の分かれ目は経験か?勢いか?

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。第8回目は「ファイナルステージの展望」についてだ。

2014/10/13

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 チーム別のファイナルステージの勝敗表も見てみよう。
 
hiroo-8-2

 赤色は10月13日時点で、残っているチームになる。

 日本ハムが圧倒的に強い。これはダルビッシュ有がクライマックスシリーズに非常に強かったことが要因だ。一方、ソフトバンクが大きく負け越している。

 残っている5チームのうち、オリックスと阪神はファイナルステージに進んだことがない。もし、明日オリックスが勝ち上がった場合、今年のファイナルシリーズは、初進出したチーム対リーグ優勝チームというカードになる。

 それでは残っている5チームの主要選手のファイナルステージでの戦績を見てみよう。

 パリーグの投手の戦績。今季レギュラーシーズンの成績と、ファイナルステージでの戦績。*は左腕。

hiroo-8-5

 ソフトバンクは杉内俊哉、和田毅といったエース級が抜けたため、先発で結果を残している投手は攝津だけ。内容的にもそれほど好成績ではない。中継ぎ陣の実績も意外に少ない。

 オリックスが初出場となった場合、ソフトバンクから移籍した馬原が素晴らしい成績を残している。昨日も好投していたが、全く経験のない投手陣にあって、この舞台を経験している投手がいるのは心強いだろう。

 日本ハムもダルビッシュ有が抜けて、意外に実績のある投手は少ない。今季不振だった吉川が好投しているのが目立つ。大谷翔平は、打者で起用されるとも言われているが、ファイナルステージに進んだ場合はどうなるか。

 次にパリーグの打者の戦績だ。*は左打ち、+はスイッチヒッター。

hiroo-8-3

 柳田、李大浩、中村晃、吉村を除くソフトバンクの主力陣は十分な経験を積んでいる。中でも内川はハイアベレージを残している。日本ハム時代にファイナルステージを幾度と戦っている鶴岡も好成績だ。

 日本ハムは中田翔と陽が3割を超えている。また昨日もタイムリーを打った稲葉篤紀は、ファイナルステージを得意としている。引退を表明し、稲葉が登場するとそれだけで場内は湧くが、劇的な活躍をするかもしれない。

 オリックスは初出場だが、ペーニャ、山﨑がソフトバンク、糸井が日本ハム、谷が巨人時代にファイナルステージを経験済だ。

 今年のファーストステージで、広島は菊池と丸が力を発揮できなかったように、レギュラーシーズンで好調だったとしても、それがポストシーズンとなれば別の話だ。そういうときこそ、ベテランの力だったり、大舞台を経験している選手の存在が大きい。

1 2 3



  • 記者募集