データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ、左腕・松永昂大との契約完了を発表 FA宣言も残留決意「限界までやりたい」

2021/01/27

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは27日、ZOZOマリンスタジアムで松永昂大投手との契約を完了したと発表した。
 

 
 松永は、高松商、関西国際大、大阪ガスを経て2012年ドラフト1位で入団した左腕。ルーキーイヤーから7年連続40試合登板をクリアし、防御率2~3点台の安定した投球を続けてきた。2020年は5試合の登板にとどまったものの、今オフにフリーエージェント(FA)権を行使。去就が注目されていたが、この日ロッテ残留が決定した。通算成績は、359試合の登板で16勝15敗、1セーブ、135ホールド、238奪三振、防御率2.91となっている。
 
松永は球団を通じて、「マリーンズの勝利のために少しでも貢献をしたいという気持ちです。限界までやりたい。やれるところまでやりたいというのが今の気持ちです」とコメントした。なお、春季キャンプには、一軍本隊と同じく30日に石垣島入りする予定だ。



  • 記者募集