データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「まさにお守りになる投手」。宮西尚生への絶対的信頼感【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#138】

まだまだ新型コロナの影響を受けるであろう2021年。しかし開幕までは限られた時間だ。有原が抜けて先発陣の再編成が迫られるが、リリーフ陣は宮西尚生を軸に様々な可能性が浮かび上がる。

2021/01/10

text By

タグ: , , , , ,



イレギュラーな局面でも動じない

 正月明け、全国で新型コロナの感染拡大が収まらず、緊急事態宣言の再発令である。プロ野球でもロッテ石川、阪神岩田、ヤクルト村上…、と新規感染者が出て、ファンは気を揉むばかりだ。前途多難。本当なら新人合同自主トレでフレッシュな息吹きに触れ、期待感を高める時期に、つい憂鬱な気分に陥ってしまう。ことはスポーツ界にとどまらないが、見通しが立たない。先行き何が起こるかわからないのだ。
 
 で、2021年最初のコラムで誰を取り上げようかなと考えて、宮西尚生しかないと即決した。先行き何が起こるかわからない不安定な状況下で、誰のことを思い浮かべると安心できるかといったら、宮西尚生だろう。少なくともファイターズファンならそうだ。「宮西」という名前がもうお守りみたいなものだ。僕は東京の感染者数が1337人と報じられた大晦日からこっち、『つなぎ続ける心と力』(宮西尚生・著、廣済堂出版)という本を読んで過ごしている。読み終わるのがもったいないから、他の本と並行してちょっとずつ、ちびちび読み進めている。宮西パワーで緊急事態宣言にも慌てない。ホントにお守りみたいな効用がある。好きなものに没頭すると不安感が消し飛ぶ、というそれだけのことかもしれないが。
 
 例えばこんなくだりを読むと、さすがお守りになるピッチャーだな(勝手にお守りにしてすいません)と思うのだ。鉄腕宮西がオフの期間をどう過ごすかに触れたくだり、「イレギュラーな局面に対応できる心を、オフに作り上げる」から引く。
 
 宮西のオフの自主トレは地元尼崎へ戻り、母校の市立尼崎高校で野球部OBの仲間と行うきまりらしい。面白いのはその自主トレのメニューだ。内容自体は球団トレーナーのプランに宮西の意見を加え、決めているようなのだが、その実施のしかたにこだわりが2つあるという。それは「毎日同じメニュー」だが「本数やセット数は決めない」という2点らしい。
 
「まず、毎日同じメニューを行う狙いはこうだ。僕たちは毎年、143試合+αという長いシーズンを戦い、リリーフは毎日同じ準備をして試合に入る。そんな日々の繰り返し。そうすると、シーズンに入って30試合くらい投げたところで、『目標の50試合まで、まだ20試合もあるのか…』と考えるときがある。長いシーズンのなかばを過ぎたあたりで、少しマンネリ感が出るのだ。そんなところから調子が落ちたり、コンディションを崩したりということにつながりやすい。そうならないように『飽き』を乗り越える気持ちの強さが必要なのだ。(後略)」
 
「一方で、本数やセット数をきっちり決めない狙いはこうだ。シーズン中、毎日同じ準備をして、試合に備えるけれど、リリーフは先発と違い、どういう局面でマウンドに上がるかは、その日によって変わる。僕の場合は今、後半の1イニングということでほぼ決めてもらっているが、マウンドに上がるときの状況は毎試合違う。マウンドに行きたいときに行けないのがリリーフであり、万全なコンディションでマウンドへ向かえる日が年に何回あるかというのも、またリリーフの宿命。このイレギュラーな気分を少しでも感じられるメニューを…と思っていたら、本数やセット数を固定しないものになっていったのだ。」(ともに同書より、後略はえのきど)

1 2





  • 記者募集