データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



22歳の二塁手・山田哲人が大ブレイク セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2014年編~

2020/12/22

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2014年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
ソフトバンク 144 .565 607 522  85
オリックス  144 .563 584 468  116
日本ハム   144 .518 593 569  24
ロッテ    144 .465 556 642  -86
西武     144 .450 574 600  -26
楽天     144 .444 549 604  -55
 

 
 投手から野手にコンバート後9年目、前年まで5年間すべてベスト10入りしてきた糸井嘉男(オリックス)がついにリーグ最強打者となった。毎年高い出塁率はこの年.424でリーグトップ。打率.331で首位打者も獲得している。wRAAトップの打者としては1996年イチロー(オリックス)以来の30盗塁超えとなった。ちなみに二塁打36本、長打57本もリーグトップで、パワーとスピードを併せもつ高い基礎能力が反映される結果となった。
 
 2位の中村剛也(西武)はこのシーズンも本塁打王を獲得。打率、出塁率で糸井をかなり下回ったが持ち前の長打力で.579と高い長打率を記録。欠場がかさんだためwRAAは2位にとどまったが、1打席当たりの得点貢献を表すwOBA(※3)では糸井を上回ってリーグ1位となった。
 
 3位にはいよいよ柳田悠岐(ソフトバンク)がランクイン。この頃はまだ打球がうまく上がっていなかったようで打撃3部門の数字はさして目立ったものではない。しかし、出塁率.413は糸井に迫る2位となっている。4位のエルネスト・メヒア(西武)も106試合の出場であったが、中村と並びで本塁打王を獲得。出塁率.369は上位3人に劣ったが長打率は.581で堂々の1位を獲得した。
 
 ようやく潜在能力が開花した5位の陽岱鋼(日本ハム)をはさんで、6位のアンドリュー・ジョーンズ(楽天)はこの年また変わった活躍を見せた。この年のジョーンズは打率が.221で規定打席到達者の中で最下位。しかし現在も残るパ・リーグ記録となる118四球を選んだことにより、出塁率は.394で3位となっている。これがものをいってのランクインである。
 
 ベスト10圏外での注目選手は中田翔(日本ハム)。出塁率は.344、長打率は.456と特別高いものではなかったが、100打点で打点王となっている。日本ハムはこの時代から現在に至るまで、出塁能力に優れたチャンスメイカーを多く生み出しており、中田はその掃除をする役として打点を積み上げ続けている。2020年含め通算3度打点王を獲得しているが、うち2度はベスト10圏外。圏外で打点王を複数獲得したのは史上唯一の記録である。
 
 ちなみにこの年はシーズン2ケタ安打でベスト10に入った打者が、中村、ジョーンズと複数いた。このような事態は意外と珍しく、パ・リーグではクラレンス・ジョーンズ(近鉄)、ボビー・ミッチェル(日本ハム)の2人が2ケタ安打だった1976年以来のことであった。
 

2014年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   144 .573 596 552  44
阪神   144 .524 599 614  -15
広島   144 .521 649 610  39
中日   144 .479 570 590  -20
DeNA   144 .472 568 624  -56
ヤクルト 144 .426 667 717  -50
 

 
 セ・リーグでは山田哲人(ヤクルト)が急成長を見せた。この年はトリプルスリーを記録する前のシーズンにあたる。打撃三冠タイトルの獲得がなかったため翌年ほどは目立っていないが、この時点ですでにリーグ最高のwRAAを叩き出した打者となっている。リーグ最多タイの二塁打39本など、二塁手としては珍しく長打力を発揮。.324の高打率に加え、四球も多く出塁率は.403に到達。死角のない首位であった。盗塁も15を記録している。
 
 2位には丸佳浩(広島)がランクイン。広島は前年に3位となったものの依然として勝率は5割を下回っていた。ただこの年は勝率.521を記録。低迷を脱したことを象徴するように丸が順位を上げてきている。この年の丸はリーグ最多の100四球をマークしたことが躍進のカギとなった。
 
 3位は前年に60本塁打の新記録を更新したウラディミール・バレンティン(ヤクルト)。この年は欠場が増えて112試合の出場。規定ぴったりの446打席の出場にとどまったことで、出場機会が多いほど有利になる積み上げ指標のwRAAでは丸、山田に及ばなかった。しかし出塁率.419、長打率.587は依然としてリーグ1位。わずか366打数で31本塁打を記録するなど長打力は健在で、wOBA.426は山田を上回る1位であった。
 
 この年は打撃3部門で1位となった選手が1人もwRAAランキングで 5位以内に入らない特徴的なシーズンとなっている。打率.338で首位打者を獲得したマット・マートン(阪神)は6位。109打点で打点王のマウロ・ゴメス(阪神)は7位。37本で本塁打王となったブラッド・エルドレッド(広島)は10位にとどまっている。エルドレッドは欠場が多かったほか、四球や二塁打といったスタッツが振るわなかったことで10位にとどまった。しかし広島勢は徐々に勢力を伸ばしてきており、丸を中心とした攻撃陣は優勝を争いうる陣容へと変化してきている。
 
 また大器と呼ばれていた筒香嘉智(DeNA)がベスト10に割り込んできている。この年はフル出場ではなかったため、打席が少なく、wRAAも8位にとどまったが、1打席当たりの貢献を示すwOBAではリーグ4位の.386と健闘している。
 
 ベスト10圏外の注目選手でも広島の菊池涼介を挙げる。守備で注目を浴びる機会の多い選手だがこの年は打撃も好調だった。シーズンフル出場で.325の高打率を記録。四球を選ばないスタイルながら出塁率も.352まで伸ばすなど、チャンスメイカーとして存在感を示した。
 
 この頃から、過去には閲覧できなかったセイバーメトリクスのスタッツ、例えばUZR(Ultimate Zone Rating)のような守備力評価スタッツもWeb上で得られるようになってきた。かつて、セイバーメトリクス好きといえばどちらかと言えば変人扱いされていた時代があったが、そんな時代が今から見れば遠く感じられる。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集