データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ・大谷智久の現役引退と育成投手コーチ就任を発表 「感謝の気持ちで一杯です」

2020/12/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは14日、今オフに戦力外通告した大谷智久投手の現役引退と来季の育成投手コーチ就任が決まったと発表した。
 

 
 大谷は、報徳学園高、早稲田大、トヨタ自動車を経て2009年ドラフト2位でロッテに入団。主にリリーフとして登板を重ね、2014年には49試合登板で防御率1.94と抜群の安定感を示した。以降も勝ちパターンの一角を担ったが、昨季は登板機会が激減し、今季の一軍登板はなかった。NPB通算成績は、340試合(515回1/3)、20勝34敗120ホールド、332奪三振、防御率3.67となっている。
 

 大谷は球団を通じて「ファンの皆さま、11年間たくさんの応援をいただき本当にありがとうございました。本日をもってプロ野球選手生活に区切りをつけ引退を決断しました。幼いころから野球が大好きでプロ野球選手になるという夢を抱き両親をはじめ沢山の方々と仲間のサポートがあって2009年ドラフトでマリーンズに入団をすることができました。大学の大先輩である小宮山悟さんの背番号「14」をつけさせていただく事となり興奮したことを今でも鮮明に覚えています。プロ1年目にマリンで初登板を果たしプロ初勝利、初ホールド、先発、中継ぎ、抑えと様々な経験をさせていただきました。派手さもない僕をいつも大声援で送り出してくださったファンの皆さまには感謝の気持ちで一杯です。失敗ばかりでしたがどんな時も勇気と力を与えていただき、幾多の困難を共に乗り越え、支えてくださり本当にありがとうございました。」とコメント。
 

 「今後はコーチという立場で選手をサポートする形になります。選手に寄り添い、一人一人の個性を伸ばせるよう僕自身も学び、野球人として一人の人間としても共に成長したいと思います。マリーンズでの出会いと縁を大切にチームの勝利のため、未来のために、全力を尽くしていきます。11年間、本当にありがとうございました。」とコーチ業での抱負も述べた。
 
 
【表】2020-2021年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧



  • 記者募集