データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



第2戦はソフトバンクが13-2の大差で制し連勝 打線爆発2桁13得点、デスパイネのグランドスラム含む3本塁打飛び出す【日本シリーズ2020速報】

2020/11/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスによる「SMBC日本シリーズ2020」第2戦(7回戦制)が22日、京セラドーム大阪で行われ、13-2でソフトバンクが連勝。日本一まで残り2勝とした。
 

 
 ソフトバンクは初回、1死一塁から3番・柳田悠岐外野手が中堅の頭を越える適時二塁打を放ち、第1戦に続いて先制した。さらに4番ジュリスベル・グラシアル内野手の二安打に巨人の二塁手・吉川尚輝内野手の悪送球が重なり2点目。6番アルフレド・デスパイネ外野手の三ゴロの間にも追加点を挙げ、いきなり3点を奪った。
 
 さらに2回、1死から9番・甲斐拓也捕手のバックスクリーン左へ飛び込むソロ本塁打で巨人先発・今村信貴投手をマウンドから引きずり下ろすと、3回には巨人の2番手・戸郷翔征投手に対し、無死一塁から4番グラシアルが左中間スタンドへ2ラン本塁打を放ち、6点リードとした。
 
 ソフトバンクは守備でも魅せる。4回裏1死から巨人の4番・岡本和真内野手の三遊間へのゴロを遊撃手・周東佑京内野手が好守。一度はセーフとなったが、リクエストの末に判定が覆り、この回を3者凡退で終えた。
 
 勢いに乗るソフトバンクは直後の5回、1死一、三塁から6番デスパイネの犠飛で1点を追加した。得点が欲しい巨人は5回裏、打ちあぐねていたソフトバンク先発・石川柊太投手に対し、1死一塁から8番ゼラス・ウィーラー内野手の2ラン本塁打で反撃。ソフトバンク5点リードで前半を折り返した。
 
 さらに巨人は6回、1死から3番・坂本勇人内野手、4番・岡本の連打で一、二塁のチャンスを作ると、ソフトバンクベンチが小刻みな継投策へ。まずは左腕の嘉弥真新也投手を投入し、5番・丸佳浩外野手を空振り三振に打ち取ると、代打の石川慎吾外野手にはサブマリンの高橋礼投手を投入。代打の代打で起用された田中俊太内野手に四球を出したが、7番・中島宏之内野手を空振り三振に切って取り、反撃の芽を摘んだ。
 
 ピンチを防いだソフトバンクは7回、巨人の4番手・鍵谷陽平投手を攻め1死満塁とすると、6番デスパイネが右中間スタンドに飛び込むダメ押しのグランドスラムを放ち、試合を決定付けた。
 
 ソフトバンクは9回にも1死満塁のチャンスを作ると、9番・甲斐の投ゴロを巨人の 7番手・大竹寛投手が本塁へ悪送球し、さらに2点を追加した。巨人は後がない9回裏、この回から二塁に守備位置を移した周東のこの日2つ目の好守で3アウト目を奪われ、無得点で試合終了。13-2でソフトバンクが大勝した。
 
 ソフトバンク先発・石川は5回1/3を2失点にまとめ、後を受けたリリーフ陣は無失点リレー。周東の好守も光った。巨人は序盤から投手陣が打ち込まれ、2失策はともに失点に直結するなど守備にも綻びが見えた。

 
 
【表】SMBC日本シリーズ2020「巨人対ソフトバンク」<試合日程・結果・組み合わせ一覧>



  • 記者募集