データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ・小窪哲也が退団へ 本人の意思を尊重した自由契約、2016、17年には選手会長

2020/11/05

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 広島東洋カープは5日、小窪哲也内野手について、話し合いを行った結果、本人の意思を尊重し、自由契約という形をとることになったと発表した。
 

 
 小窪は、PL学園高、青山学院大を経て2007年大学生・社会人ドラフト3巡目でカープに入団。ルーキーイヤーから98試合に出場し、打率.270をマークするなど存在感を示した。2016年には、梵英心氏から選手会長を引き継ぎ、リーグ3連覇に貢献した。
 
 同日時点で、NPB通算成績は、704試合に出場し、打率.259、384安打、18本塁打、153打点、OPS.677(長打率.349+出塁率.328)。今季は2試合の出場にとどまっている。
 
 
【表】2020-2021年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧



  • 記者募集