データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ドラフト速報】近畿大・佐藤輝明は阪神が交渉権を獲得! 矢野監督は「直感で引いた」

2020/10/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、近畿大の佐藤輝明内野手は、ドラフト1位で4球団が競合し、抽選の末に阪神タイガースが交渉権を獲得した。
 

 
 佐藤を指名したのは、オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団。オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の順番にくじを引き、阪神の矢野燿大監督が右手でくじを引き当てた。
 
 抽選後、「超プラチナチケット」を手にした矢野監督は「本当に嬉しいです」とコメント。表情からは期待と興奮が溢れていた。
 
 「直感で引いた」と話す矢野監督は、佐藤に向けて「タイガースファン、そして子供たちに夢を与えるスケールの大きい選手になってほしい」とメッセージを送った。
 
 佐藤は、仁川学院を経て近畿大に入学すると、1年春から活躍。2年時には大学日本代表にも選出された。現時点でリーグ記録を更新する大学通算14本塁打を記録。阪神では即戦力として期待がかかっている。

 
 
【Pick up】ドラフト会議直前! 2020年プロ野球ドラフトコンテンツ特集【ドラフト2020】



  • 記者募集