データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



21歳の掛布が大ブレイク セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1976年編~

2020/08/11

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 この年からフジテレビにて、プロ野球ニュースの放映が開始。札幌在住だった私にとって普段は見られない選手が日常のものになった。新たに見る映像は革命的だった。オールスターや日本シリーズでなければ見られなかった選手どころか、たまに日曜昼に入るNHKの野球中継でしか見ることができなかった選手を数多く見ることができた。例えば土井正博(太平洋)についてはこの時点で名前を知って10年ほどになっていたが、日本シリーズ出場はなく、オールスター以外での勝負のかかった打撃を目にしたのはほぼ初めてであった。
 
 当時のオールスターは3試合あり、「MLBに比べて多い」「最後の方はダレてないか」の声も当時からあったが、無理なく全選手を見せてもらうにはあの程度は必要だったのかなとも思う。昭和40年代(1965-74年)はオールスターが終われば、張本勲(日本ハム)や土井、鈴木啓示(近鉄)あたりは翌年まで見られないかもしれない状況だったのだ。それを覆したのがあの番組ということになる。

1976年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点 前期/後期
阪急   130 .637 546 477  69   1/1
南海   130 .559 489 431  58   2/2
ロッテ  130 .529 476 441  35   3/3
近鉄   130 .463 457 436  21   5/4
日本ハム 130 .437 484 523  -39   4/5
太平洋  130 .367 450 594  -144  6/6
 

 
 加藤秀司(阪急)が前年に続いてwRAA36.6で1位。この頃の加藤は完全にパ・リーグ最強の打者となっていた。前年とは逆に出塁率が1位(.383)で長打率が2位(.556)。毎年、得点創出に重要な出塁・長打のいずれにも強みを発揮している。このあとも万能型の活躍を続け、全盛期阪急の中心となった。2位の門田博光(南海)もこの頃までは加藤と同じようにオールラウンダーであったが、この後はより本塁打が増え、長打に特化したかたちへと軸足を移して行く。この年はリーグ最多の二塁打25本を放つなど、アキレス腱を断裂し走ることがままならなくなる1979年以降とは印象の違う打撃を見せている。
 
 3位のクラレンス・ジョーンズ(近鉄)は長打に偏った強打を披露。この年もまた.244の低打率ながらベスト3入りを果たした。ジョーンズは36本塁打を放ち本塁打王となったが、投手優位の時代とあって2位以下は低迷。本塁打2位の加藤とは8本の大差がついた。ジョーンズは.568で長打率も1位となっている。また低打率ではあったものの、四球を多く獲得したため低打率にもかかわらずリーグ4位の.360と意外な高出塁率をマークしている。
 
 ほかには福本豊(阪急)がwRAAで4位になり、ここまでの自己最高を記録。ほかに山崎裕之(ロッテ)、首位打者を獲得した吉岡悟(太平洋)など、それほど本塁打が多いわけではない出塁系の打者が同時にランクイン。ボールが飛びにくい投手優位の時代であったこの時期らしい出来事である。
 
 ベスト10圏外で注目の選手は南海の藤原満。職人芸のように安打を重ねた選手である。このシーズンは159本で最多安打を記録しているが、これは2位の選手に18本差の大差をつけてのダントツであった。

1976年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .628 661 505  156
阪神   130 .615 602 500  102
広島   130 .513 586 565  21
中日   130 .450 519 610  -91
ヤクルト 130 .433 504 555  -51
大洋   130 .366 482 619  -137
 

 
 このシーズンは前年に田淵にwRAA14年連続1位を阻止された王貞治(読売)が復調。wRAA62.6を記録し1位となった。ほとんどの指標でリーグトップ、本塁打と打点が最多、出塁率と長打率も1位と、過去と変わらぬ活躍にも見える。しかし加齢の問題は王とて例外ではない。wRAAなどは100近い数字を記録していた全盛期よりもかなり低い。かつては10以上を記録していた勝利換算(※2)でも6.3に留まっている。昭和40年代ほどには決定力を発揮できたわけではない。
 
 2位にはこの年から読売に移籍した張本勲。二塁打と三塁打の合計でリーグ最多となっており、出塁率、長打率でそれぞれ.417、.571と好成績を残した。現代では技巧派のイメージがあるが、本質的には長打系の打者である。近年の物理的な研究により打球速度が一定のラインを超えると、長打の確率ばかりか安打の確率まで急上昇することがわかったが、もしかすると張本の安打の多さも打球速度による部分が大きかったのかもしれない。
 
 3位にはこの年にブレイクした掛布雅之(阪神)。4割超えの出塁率とリーグ2位の長打率(.608)を示し、4位に入ったチームメイトの田淵幸一と強力打線を形成した。読売と阪神はともに得点力が極めて高く、直接対決以外で打ち合いを演じたほか、直接対決以外でもそれぞれの対戦相手を攻撃力で圧倒し、勝利を積み上げていった。2球団は最後までもつれた優勝争いを演じたが、結局最終的には読売が優勝を果たしている。
 
 1973年あたりから王の通算本塁打記録はメディアでよく取り上げられ、話題になっていた。これを見て、各チームも本塁打の多発により話題を集めて集客につなげようとしたのか、この年のリーグ本塁打は967本と史上最高を記録。セ・リーグではよく飛ぶボールが使用されたようだ。
 
 この結果、4位から10位まで定評ある強打者が順当に実力を発揮。11位以下にも打率.293で23本塁打、wRAA20.0を記録した山本浩二(広島)、打率.300で29本塁打、wRAA19.7を記録した大杉勝男(ヤクルト)、打率.307、30本塁打、wRAA19.3を記録したジョン・シピン(大洋)、など例年ならば上位に入るように思われる成績を残した選手がベスト10から漏れている。
 
 ほかにベスト10圏外で取り上げたいのはハル・ブリーデン(阪神)。40本塁打と長打の面で打線を支え、チームの優勝争いを演出した。しかしこれほどの本塁打を放ちながらwRAAランキングでは15位。40本塁打を放ってベスト10に入らなかった史上初めての選手となっている。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集