データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤクルト・阿部健太は「復活のドラマ」を実現なるか 過去にもいた、引退からの現役復帰【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、引退後に現役復帰した選手についてだ。

2015/07/14

text By

タグ: , , , , , ,



過去の名選手も現役復帰

 昔は、いったん引退した選手が復帰するのは珍しいことではなかった。歴史に残る大選手も、コーチや監督、解説者になってから復活している。めぼしいところを紹介しよう。

広尾様0714表3

 フォークボールの大投手、杉下茂は1958年限りで引退し、監督になった。しかし61年大毎(現ロッテ)に移籍し、現役投手として復活している。

 今年の春、私は杉下氏に話を伺う機会があったが、ご本人は「だまされたんだよ」と語っていた。
 しかしフォークボールは健在で、大毎の捕手、醍醐猛夫は取り損なってあごを負傷。杉下氏は「醍醐はいまだに、俺に会うと、あごの傷跡を指さして“杉さん、これ覚えてる?”というんだよ」と話していた。

 島田源太郎は大洋では秋山登に次ぐ先発投手だったが引退し、投手コーチ補佐になった。その2年後に現役復活宣言をして2年間投げた。引退時31歳と若く、余力があったのだ。

 巨人のエースだった城之内邦雄は71年限りで引退。解説者になるが、ロッテの金田正一監督に誘われて現役復帰、1年だけ投げた。
 昔は野手でも引退してから復帰した選手は何人かいた。ミスター・タイガース藤村富美男もその一人だ。

広尾様0714表4

 プレイングマネージャーだったが1956年限りで引退。57年は監督専任となるも、58年に一選手として現役復帰。出場は、わずか24試合。あと1回凡退すると生涯打率3割を割り込むということを知って再度引退を決めたと言われるが、実はこの復帰によって、“奇跡の顔合わせ”が実現している。

 この年に入団したミスター・ジャイアンツ長嶋茂雄との対戦だ。長嶋茂雄は高校時代、遊撃手だったが藤村富美男の豪快な守備を後楽園で見て三塁手になったと言われ、藤村はあこがれの選手だった。
 両者が先発出場で顔を合わせたのは1試合だけ。
 1958年9月7日、甲子園の阪神・巨人戦。22歳の長嶋は4番三塁、4打数2安打。42歳の藤村は7番一塁、2打数無安打。子どもの頃からあこがれていた藤村のプレーを同じグラウンドで見ることができた長嶋は、どんな感慨を抱いただろうか。

「現役復帰」は様々なドラマを生んできた。
 ヤクルトの阿部健太にも、チャンスが与えられたらぜひ1軍復帰を目指してトライしてほしいものだ。

1 2



  • 記者募集