データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



長嶋茂雄が衝撃のデビュー! セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1958年編~

2020/06/21

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1958年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
西鉄  130 .619 511 370  141
南海  130 .612 543 414  129
阪急  130 .585 437 392  45
大毎  130 .496 435 440  -5
東映  130 .450 419 442  -23
近鉄  130 .238 326 613  -287
 

 
 この数年はwRAAランキングトップを中西太(西鉄)と山内和弘(大毎)で争う展開が続いていたが、この年は山内が負傷離脱。wRAA43.4を記録した中西の独走となった。
 
 数字だけを見ると、特別好成績を残している選手はいないが、個人的には非常に興味深いシーズンである。この年は、パ・リーグが現行の6チーム制に変わった。チーム数の減少により、選手が厳選されプレーのクオリティが上昇。これが要因となり全体のレベルも上がり、wRAAの値はトップの中西でも43.4とそれほど高い値ではなくなっている。これはパ・リーグ創設以後2番目に低い傑出である。以後、紆余曲折はあるが6チームの体制は変わっていない。なお、1956年につづき、このシーズンも中西の三冠王争いは話題となっていた。この年は葛城隆雄(大毎)が最終戦の最終打席で本塁打を放ってしまったために、中西は1打点差で打点王を逃がしている。
 
 そして、1打席当たりの打撃貢献を示すwOBA(※3)でその葛城を上回り、中西に次ぐ2位になったのが長谷川繁雄(南海)である。おそらくこの名になじみのない人の方が多いのではないだろうか。この年の長谷川は、同ポジションに2枚以上のレギュラーを用意し、相手先発投手の左右によってスタメンを変更するプラトーン・システムの中で機能したようだ。長谷川は左打者なので相手先発が右投手のときに起用されることが多かった。相手先発の読み違いからか、スタメン出場したにもかかわらず打席に立たずに交代したこともあるほどだ。球団がプラトーン起用を意識して使い、はっきりと成功させた初の例と見ている。歴史的な意義は大きい。
 
 前年までの一塁手時代に守備に問題があり、その形跡は守備指標にも表れている。外野のプラトーン要員にコンバートしたことが成功の要因と考えられる。意識していたのかは不明だが、南海は編成で先進的な取り組みを見せているようにも見える。この長谷川も南海に多かった打撃三冠の数字で見栄えはしないものの、実際の貢献は大きかった打者だ。
 
 圏外選手で取り上げたのは、故障について前述した山内だ。この年は規定打席を下回ってしまったものの、302打席の出場のみでリーグ4位に相当する22点以上の利得を生み出している。

1958年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  130 .596 521 370  151
大阪  130 .554 444 387  57
中日  130 .527 423 381  42
国鉄  130 .462 359 478  -119
広島  130 .446 407 459  -52
大洋  130 .415 357 436  -79
 

 
 このあと長年野球界の中心を担う長嶋茂雄(読売)のデビュー年となった。入団時の評判に違わぬ猛打を見せ、期待通りリーグ最高のwRAA46.7を記録した。この年、あと1本三塁打を放っていれば、安打・二塁打・三塁打・本塁打のすべてがリーグ最多になるという空前の大記録が誕生するところであった。
 
 確かにこれはこれで凄いことなのだが、このような状況になるためには母数となる安打数を他者の追随をまったく許さぬレベルまで増やさなくてはならない。そのためには打率を高くしたうえで極めて多くの打数を確保しなくてはならない。これを行うと四球を獲得できないことにもつながるため、全面的に好ましい事態ではない可能性もある。
 
 この年の長嶋は四球が36でうち敬遠が15。相手が勝負を避けず、奪った四球と呼べるのはわずかに21である。これだけの強打者なら時代を考慮しても、あと四球が3倍あってようやく平常なレベルと言えるのではないだろうか。少なくともこの年の長嶋は四球獲得をまったく意識していなかったようだ。出塁能力に秀でていなかったことから、1打席あたりの打撃貢献を示すwOBAでは田宮謙次郎(大阪)が.402で首位になっている。田宮は2年連続の首位となったが、これはセでは初、パでも山内が前年に初めて記録しただけのものだ。それほど名前が知られてはいないが、もう少し脚光を浴びても良い打者ではないだろうか。
 
 ところで、逸話として完全に定着した長嶋のデビュー戦4打席連続三振についてである。金田正一(国鉄)の「三振してもまったく臆することなく全球フルスイング。大物であることを確信した。」という趣旨のコメントが有名だが、もしかするとこの年の長嶋は相手や状況に関係なく、振りたい球が来たらすべてフルスイングしていただけなのかもしれない。せっかくの逸話に水を差すようで申し訳ないが、その可能性を否定できないレベルの四球の少なさである。ともあれ、周囲の指導が良かったのか、本人の適応力が高かったのか、翌年から長嶋の四球は通常ありえるレベルにまであっさりと増加する。
 
 ベスト10内にはほかにも、近藤和彦(大洋)など、新しい世代の強打者登場が続く。ただし、さまざまな事情から、活躍年代が比較的短かった選手が多い印象がある。規定打席未満の打者では西山和良(大阪)が出色の数値をマークしている。ベスト10で3位に入った岡嶋博治(中日)やパ・リーグの長谷川とともに、旧来の打撃3部門では評価しきれない高い能力を示した。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集