データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



野村克也がベスト10初登場 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1957年編~

2020/06/18

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1957年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
西鉄  132 .648 546 370  176
南海  132 .595 551 424  127
毎日  132 .587 477 435  42
阪急  132 .561 474 409  65
東映  132 .436 371 451  -80
近鉄  132 .356 390 522  -132
大映  132 .318 377 575  -198
 

 
 この年のパ・リーグは前年から1チーム減り、7チームで行われた。現代であれば1リーグ7チーム以上へのエクスパンションは一つの選択肢としてありえるが、当時はこれだけのチーム数を維持することができず、結局この後最終的に6チームに落ち着くことになる。
 
 このシーズンは山内和弘(毎日)が2位以下に10点以上の差をつけるwRAA62.8を記録。圧倒的な力を示した。出塁率.428、長打率.621はともにリーグ首位。これは1951年大下弘(当時東急)以来のことである。ただ1951年は日米野球開催のため100試合そこそこしか試合が行われなかったシーズンだ。この年の山内は132試合開催の条件でトップを守ったので、大下よりも難易度の高い快挙であったといえる。
 
 ほかには野村克也(南海)、中西太(西鉄)、豊田泰光(西鉄)が40点台のwRAAを記録して2~4位に並ぶ。ベスト10の顔ぶれもここまでの年度とはかなり変わってきた。1948年に巨人で11試合に出場した関口清治(西鉄)を除けば、全員が2リーグ制となった1950年以降にプロ生活を始めたメンバーになっている。リーグも7チーム制になったことでチーム間の戦力差も縮まり、勝敗表も多少落ち着きを見せている。再編は順調に進んでいるようである。
 
 11位から13位までの間にも葛城隆雄(毎日)、高倉照幸(西鉄)、小玉明利(近鉄)といった、この後の時代にリーグを背負うメンバーの名が並ぶ。35歳を迎えた大下(西鉄)は14位。一時期に比べるとかなり力を落としているようだ。ただこの年は4本塁打にとどまるも打率.306と規定打席到達で最後の3割台を記録した。
 
 ベスト10圏外でトピックとして取り上げたい選手は山本八郎(東映)である。高卒2年目のこの年、一時は打率部門で首位に立つなど、将来のフランチャイズビルダー(長年にわたり強豪チームの顔として確固たる地位を築く選手)になることを予見させるものがあった。ただし接触プレーによる骨折でこのシーズンの半分ほどを棒に振っている。翌年は開幕から4番を打つなど、中心選手としての活躍を期待されていたようだ。しかし捕手ゆえに接触による故障が多かったほか、素行にも問題があり、当初から期待されたほどの活躍にはつながらなかった。この年295打席で4四球に終わるなど、改善すべき欠点は明らかだったが、最後まで修正は効かず、結局30歳で引退に至っている。

1957年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  130 .581 471 393  78
大阪  130 .573 462 375  87
中日  130 .550 404 347  57
国鉄  130 .462 418 425  -7
広島  130 .419 352 436  -84
大洋  130 .415 355 486  -131
 

 
 この年も与那嶺要(読売)がwRAA41.4で通算3回目のwRAA首位となった。しかし前年のような圧倒的なものではなく、1打席当たりの実績を示すwOBAは田宮謙二郎(大阪)が上回った。出塁率・長打率という基礎的なスタッツでも、出塁率で与那嶺、長打率で田宮がそれぞれリーグ首位と、最強打者の条件といえる指標を分け合っている。
 
 ほかにも注目されるトピックが多い年で、ハワイから参入した宮本敏雄(読売)が3位に入って打点王を獲得。4位の岡嶋博治(中日)は本企画の1956年編で、二塁打・三塁打や四球の多さにより、打撃3部門での見た目よりはるかに優れたwRAAを記録していると紹介した奇妙な強打者だ。この年も多くの四球を獲得し、リーグ四球王となっている。
 
 国鉄勢は初めて3人同時にランクイン。このうちトレードで加入した飯田徳治はこれで9回目のランクインとなった。佐藤孝夫(国鉄)は青田昇(大洋)と同数の22本で本塁打王となっている。ただ同時に.256で打率ランキングでも10位に入っていることに注目したい。この.256は打率10傑に入った歴代選手(2リーグ制以降)の中で、現在でも残る最も低い打率である。この時期の打低ぶりを象徴する記録だ。佐藤はちょうど金田正一(国鉄)の活躍時期ともかぶっている。この時期の国鉄は優勝戦線までは届かないが、見どころの多い楽しいチームだったのではないだろうか。
 
 この時期、総合指標のベスト10もバラエティに富み、かなり戦力均衡が進んできたようである。同時に戦前からのプレーヤーも徐々に消えつつある。川上哲治(読売)や小鶴誠(広島)も規定打席には達しているが、このときはベスト10には届いていない。
 
 ベスト10圏外で成績を取り上げたのは広岡達朗(読売)である。4月から5月にかけて欠場した結果、92試合の出場にとどまっているが、18本塁打を記録してwRAA15.6を計上した。前述した本塁打王が22本塁打であるため、それをはるかに上回るペースで本塁打を量産している。欠場がなければ本塁打王獲得はかなり有望であっただろう。打撃特化した長打型の選手に対して厳しかった監督時代のイメージ・言動で勘違いを起こしそうになるが、このころの広岡自身はかなり長打に偏ったパワーヒッターだったのだ。
 
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集