データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人、坂本勇人と大城卓三がPCR検査で新型コロナ「微陽性」を発表 抗体検査で計4名が抗体保持

2020/06/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツは3日、PCR検査の結果、坂本勇人内野手と大城卓三捕手の2名に陽性判定が出たことを発表した。
 

 
 球団公式ホームページによると、チームでは、1軍、2軍、3軍の全選手や監督、コーチ、チームスタッフら総勢約220名に対し、希望を募った上で、希望者全員について、東京都内の大学医学部の研究に参加する形で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施。
 
 抗体検査は血液中の抗体の有無を調べるもので、5月29日から31日にかけて希望者全員の採血を実施し、うち選手やスタッフ計4名について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示すIgG抗体が確認された。
 
 専門家の指導の下、慎重を期すため都内の医療機関に協力を依頼し、この4名について昨日6月2日夕方、PCR検査を実施したところ、3日午前、坂本と大城の2選手について、陽性判定の連絡があり管轄の保健所に報告した。
 
 2名の新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上、ともに回復を示すIgG抗体を持っていることから、専門家からは、2名とも感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ている。このため明日以降、管轄の保健所の指導に従って入院した都内の医療機関において、2名についてはPCR検査を連日実施し、陰性が確認でき次第、早期にチームに合流することを目指す。
 
 また、2名は3月下旬以降、体調に何の問題もなく、味覚・嗅覚等の異状も感じていないとされている。




  • 記者募集