データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人・育成選手の沼田翔平が支配下契約、新背番号「92」 原監督も期待寄せる「強い可能性」

2020/06/01

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツは5月31日、育成選手の沼田翔平投手と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号は、「016」から「92」となる。
 

 
 沼田は、北海道・旭川大高から2018年育成ドラフト3位で入団。ルーキーイヤーの昨季は、イースタン・リーグで3試合に登板し、9回を投げて2失点、防御率2.00の成績。今年は春季キャンプの途中から一軍に昇格し、オープン戦では6登板で6回1/3を4安打1失点、防御率1.42の好成績を残していた。
 
 球団ホームページでは、同日の東京ドームで行われた記者会見の模様を伝えており、「両親、球団関係者の皆さま、裏方の皆さま、コーチ陣、先輩方、いろんな方に支えられてこの日を迎えられました。育成として入ってはい上がるという気持ちを持ってやってきたので、背番号は変わっても初心を忘れずに高いところを目指していきたいです」と意気込みを語った。
 
 また、会見に同席した原辰徳監督は、「2、3月のオープン戦などで非常にいい成績を残してくれて、強い可能性を感じました。自主練習期間の練習に取り組む姿勢、あるいは現状の力量について宮本(投手チーフ)コーチと話をして、支配下選手として戦ってもらおうということになりました。一軍に勝ち残って最後の最後まで戦ってもらいたいと思っています」と大きな期待を示している。
 
 今季、巨人の育成選手が支配下登録されたのは、イスラエル・モタ外野手、ナティーノ・ディブラン投手に続いて3人目。今月19日に迫る開幕に向け、新たな“育成の星”がスタート地点に立った。




  • 記者募集