データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



故障を乗り越え夢の舞台で躍動 カープの秘密兵器・薮田和樹が持つ、ハートの強さ

この男、後半戦のキーマンになるかもしれない。昨年ドラフト2位でカープに入団した薮田和樹だ。

2015/07/12

text By

タグ: , , , ,



2度目の登板はKOも前向きに

 入団1年目、実戦経験の少なさから、首脳陣には不安もあった。
 しかし、そんなものは瞬く間に払しょくされた。佐々岡真司二軍投手コーチも春先から薮田を高く評価した。「ストレートが速い。それに加えて、変化球やマウンドさばきを含めて、良いですね」

 二軍ではMAX153キロをマークした。さらに、佐々岡コーチ直伝のカットボールが威力を発揮した。ウエスタンリーグでは、4勝1敗、防御率1.70と圧巻の成績で一軍昇格を果たした。
 そして、巨人戦での初登板初勝利。畝龍実一軍投手コーチも「どの球種も使えるし、低めに集まる。カーブも良い」と投球内容も高く評価した。

 7月8日、広島県北部・三次市でプロ2度目のマウンドに上がった。結果は4回途中4失点KOだった。押し出しのファーボールでの失点などもあり、「前回と違い、コース、コースを突いて、大胆さが感じられなかった」(畝コーチ)という内容だった。

 器用さもあり、カットボールやフォークボールの質も高い。しかし、薮田の幹は、やはりストレートなのである。もちろん本人はわかっている。
「真っ直ぐで押すのが僕の武器です。でも、それを狙わせないようにもしたいです」

 初の黒星にも、彼は下を向かない。そういえば、かつて薮田は言っていた。「配球とかフォームなどで悩めるのは幸せなことです」と。

 故障を乗り越え、夢だったプロ野球という舞台で躍動する22歳は、ハートも強い。

 全ての経験を力に変え、混戦セリーグを戦うチームの大きな力となるはずである。

1 2


  • 記者募集