データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1948-49年編~

2020/05/25

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1948年のNPB

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  140 .640 592 395  197
読売  140 .601 555 416  139
大阪  140 .515 542 499  43
阪急  140 .493 500 487  13
急映  140 .457 445 546  -101
大陽  140 .452 437 586  -149
金星  140 .451 444 485  -41
中日  140 .385 434 535  -101
 

 
 1946-47年に大下弘(当時セネタース・東急)が見せた、三振が多い一方長打も連発する打撃は、少しずつリーグ全体の打撃スタイルにも影響を与えていたようだ。戦前は全体的に長打の頻度が少なく、打者間で長打による得点力の差がつきづらい状況にあった。しかしこの頃はリーグ全体で長打の頻度が増加。長打を打てるか打てないかが打者の優劣を分ける、より重要な要素に変化してきている。
 
 1948年は1946-47年における大下に対抗するように、川上哲治、青田昇の読売勢が新記録となる25本塁打を記録。このうち青田はヒット狙いのバントで首位打者を確定させるなどの伝説を残し、打率.306、25本塁打と旧来の指標では最も傑出した結果を残している。
 
 ところがセイバーメトリクスの総合打撃指標で見ると景色は一変する。結果的にwRAAの1位は打率でわずかに青田に劣っただけの川上。2位以降に差のない状態で多くの選手が同じような数字を記録した事情もあるが、青田は5位になってようやく登場する。出塁率が.332にとどまったことが致命的だったようだ。
 
 2位は、今となってはほとんどの人が名前すら聞いたことがないであろう笠原和夫(南海)。40本もの二塁打を放ったことが大きく影響している。この笠原が典型だが、南海は1リーグ時代から続く黄金期(46~67年頃)には打率・本塁打・打点の打撃3部門以外の指標で攻撃力が優秀な選手を確保していた。3部門で見ると傑出していたわけではない当時の南海が高い得点力を備えていたのはそのあたりに要因があったようだ。球団がこのことを意識していたかは不明だが、選手年俸を抑える意味で効果があったかもしれない。
 
 トップ10圏外で取り上げたいのは何といっても新人の別当薫(大阪)である。負傷離脱により規定打席にこそ到達しなかったものの、1打席あたりの打撃による得点への貢献を示すwOBA(※3)はトップの川上に1毛劣るだけの.389。打球にうまく角度をつけることができなかったのか長打の総数がやや劣るもののリーグ屈指のパフォーマンスを見せた。多くの打席をこなすことで数字が伸びていくwRAAでは規定打席未達の別当は不利なはずだが、全体6位の藤村富美男と同等の31.0という記録を残している。

1949年のNPB

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  134 .639 706 497  209
阪急  136 .519 622 585  37
大映  134 .508 702 653  49
南海  135 .500 661 670  -9
中日  137 .493 628 642  -14
大阪  137 .485 735 725  10
東急  138 .467 560 700  -140
大陽  133 .391 603 745  -142
 

 

 戦後の1946-48年で、新しい時代の野球を象徴するかのように本塁打が頻発し、そのことが大きな評判を呼び新たなファンの開拓にもつながった。こうなると球団側が本塁打の発生を多くしてより関心を集めようとするのは、営業的な事情を考えても自然な流れである。後世に残る高反発球・ラビットボール時代の到来だ。それ以前の記録が簡単に塗り替えられるのは、古くからの関係者にとっては好ましくなかったかもしれない。しかし方法はどうあれ、にわかファンを集められない競技は衰退するしかあるまい。昨年の日本ラグビー界に起こったことを思い出せば、とにかく多くの注目が集まることの重要性は理解できるだろう。
 
 極端な打高シーズンとしては翌1950年の方が歴史的には有名になっているが、この1949年も相当な状態で、むしろ各選手のプレーにもたらしたインパクトとしては上かもしれない。前年までの年間最多本塁打記録は25本だったにもかかわらず、この年は25本以上の本塁打を記録した選手は9人を数えた。現代の感覚に合わせると、ウラディミール・バレンティン(当時ヤクルト)が記録した60本塁打以上の選手が同一シーズンに9人現れるのだ。試合の様相が一気に変わるのも無理はないところである。
 
 この年は46本塁打と圧倒的な長打力を見せた藤村富美男が積算指標のwRAAで55.9とトップ。驚異の出塁率.445を残した小鶴誠が1打席当たりのwOBAで.446でトップと首位は分かれた。特に大阪打線は従来の記録の2倍に迫る46本塁打をマークした藤村と、39本塁打の別当を擁し、過去に例を見ない強力な打線を構築したかのようであった。ファンにとって見たこともない数字が並んだこともあり、確かにリアルタイムで見ていれば傑出した攻撃力と見えたかもしれない。
 
 しかし後世の目で俯瞰すれば事情は少々異なってくる。この年の大阪のシーズン総得点は735。確かに多いが、同時に読売は706、大映は702の得点を記録している。試合数は大阪より読売・大映の方が少ないにもかかわらず、である。大阪は強力打線に見えたが上位チームに対して攻撃力により決定的なマージンを得られていたわけではなかったのだ。結局弱点の投手力をカバーしきれずに大阪は6位に終わっている。
 
 現在はチーム試合数×3.1が規定打席とされているが、当時は打数300かつ100試合以上に出場した選手が規定の対象だった。こういった事情もありこの年は57選手が規定に達するという異様な事態となっている。これは後年シーズンにも言えるが、打高のシーズンは打順の回りが良くなって全体の打席が増え、規定に達する選手は他のシーズンより多くなるのだ。
 
 トップ10圏外選手としては杉山悟(大阪)を取り上げる。前年までであれば新記録である30本塁打以上を放ったにもかかわらず、ベストテンを外れた選手が存在した、ということである。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集