データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今井達也が“相棒”田村伊知郎を座らせ5球種「〝感覚を失わないこと″をテーマに」 遊撃の位置でノックも【西武自主練習公開】

2020/04/22

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは22日、今井達也投手、田村伊知郎捕手らが21日に行った自主練習の様子を公開した。
 
 この自主練習期間、今井達也が球場入りするは13時頃。現在、「午前組」と「午後組」に分かれており、両者の接触を避けるために指定の時間に選手たちは続々とメットライフドーム、またはライオンズトレーニングセンターにやってくる。若手中心の午後組の中で今井も黙々と調整を続けている。
 
 21日は田村伊知郎、與座海人、浜屋将太らと練習。ストレッチをした後に軽くキャッチボールを行い、そしてブルペンに入った。
 
 自主練習期間ということでブルペンキャッチャーも不在。そこで捕手役に名乗りを挙げたのは田村伊知郎だった。今井と田村は2017年新人合同自主トレでキャッチボールをしていた仲。プロ入りから気心知れた相手に、ストレート、カットボール、カーブ、スライダー、ツーシームなど約15分間、投げ込んだ。
 
 「4~5割の力ですね」と涼しい顔で振り返った今井。「開幕が見えないか中で、〝感覚を失わないこと″をテーマにやっています」と前を向いた。
 
 また、現在は若獅子寮の中で生活する今井だが、感染予防もこまめに行っている。
 
 「密閉空間を作らない、その他、手洗い、うがい、アルコール消毒をこまめにやってます」と頷く。寮の中では選手同士、間隔を空けて食事を摂るなど、同居する選手同士での感染対策も敷かれている。
 
 「今の時期をマイナスに捉えないように。投げ込みやトレーニングできる期間などができました」と前を向いた今井。日々、練習メニューを「考えながら」行う日々だが、遊撃の位置についてノックを受け軽快なフィールディングを見せることもあった。
 
 今だからこそ、普段できないことを取り入れながら、身体のキレを保ち、最高の状態で開幕ができるように調整を続けていく。



  • 記者募集