データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



福岡ソフトバンクホークス(南海ホークス、ダイエーホークス)、歴代助っ人外国人選手一覧<在籍年数・ポジション・NPB通算成績>

2020/04/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<見方>
選手名(球団在籍期間)ポジション
NPB通算成績

※球団在籍期間は、育成契約期間も含む
 

 

1980年以前に加入

劉瀬章(1938 – 1940)投手
64試合(318回2/3)、10勝22敗、64奪三振、防御率2.79

カールトン半田(1958 – 1961)内野手
487試合、打率.256、394安打、21本塁打、135打点、41盗塁

ジョン・サディナ(1959 – 1960)投手
54試合(197回1/3)、12勝13敗、99奪三振、防御率3.27

ジョー・スタンカ(1960 – 1965)投手
264試合(1459回)、100勝72敗、887奪三振、防御率3.03

バディ・ピート(1961 – 1963)内野手
357試合、打率.272、344安打、24本塁打、69打点、11盗塁

ケント・ハドリ(1962途 – 1967)内野手
781試合、打率.260、727安打、131本塁打、396打点、15盗塁

ジョニー・ローガン(1964)内野手
96試合、打率.189、48安打、7本塁打、23打点、1盗塁

ジャック・ブルーム(1965 – 1966)内野手
710試合、打率.315、757安打、61本塁打、323打点、27盗塁

ドン・ブレイザー(1967 – 1969)内野手
366試合、打率.274、371安打、15本塁打、86打点、13盗塁

マーティ・キーオ(1968)外野手
134試合、打率.231、104安打、17本塁打、46打点、9盗塁

リー・トーマス(1969)内野手
109試合、打率.263、104安打、12本塁打、50打点、2盗塁

クラレンス・ジョーンズ(1970 – 1973)内野手
961試合、打率.239、762安打、246本塁打、562打点、26盗塁

ケン・ワシントン(1970)外野手
47試合、打率.185、22安打、3本塁打、10打点、1盗塁

サッド・ティロット(1971)投手
18試合(45回1/3)、3勝4敗、20奪三振、防御率6.40

ウィリー・スミス(1972 – 1973)外野手
2試合(1/3回)、0勝1敗、1奪三振、防御率81.00

ウェス・パーカー(1974)内野手
127試合、打率.301、145安打、14本塁打、59打点、3盗塁

ロン・ロリッチ(1974途 – 1975)外野手
272試合、打率.238、222安打、56本塁打、151打点、5盗塁

ジム・ネトルス(1975)外野手
84試合、打率.234、61安打、3本塁打、19打点、6盗塁

トム・ロブソン(1976)内野手
37試合、打率.209、23安打、3本塁打、9打点

ドン・ビュフォード(1976)外野手
490試合、打率.270、480安打、65本塁打、213打点、66盗塁

ジャック・ピアース(1977 – 1978途)内野手
95試合、打率.227、66安打、13本塁打、39打点、1盗塁

ゲイル・ホプキンス(1977)内野手
360試合、打率.282、372安打、69本塁打、229打点、3盗塁

カルロス・メイ(1978 – 1981)外野手
415試合、打率.309、431安打、70本塁打、252打点、20盗塁

ボビー・トーラン(1978途 – 終了)外野手
98試合、打率.267、96安打、6本塁打、36打点、6盗塁

王天上(1979 – 1980途)外野手
149試合、打率.250、122安打、30本塁打、70打点、2盗塁

高英傑(1980 – 1983)投手→外野手に転向
投手成績 7試合(27回2/3回)、3勝1敗、13奪三振、防御率4.18
打者成績 77試合、打率.204、30安打、1本塁打、8打点、2盗塁

李来発(1980 – 1983)外野手
25試合、打率.216、16安打、3本塁打、9打点

【次ページ】1981〜90年加入
1 2 3 4 5 6 7 8 9



  • 記者募集