データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、行田市と「連携協力に関する基本協定」を締結 県内「46」市町目のフレンドリーシティで鈴木将平も歓迎

2020/03/05

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , , , , , , ,



 行田市(市長:石井直彦)と株式会社西武ライオンズ(埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷肇)は5日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)(※1)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。
 
 この締結より、行田市は、本日付けで西武ライオンズのフレンドリーシティ(※2)となった。これは、行田市及び西武ライオンズが持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や市民福祉の向上などに寄与することを目的に行うもの。西武ライオンズとしては2015年3月に県内の自治体と締結を開始し、本件で46市町目となる。
 
※① L-FRIENDSとは
地域コミュニティ活動の総称。地域、ファン、選手、スタッフがひとつの仲間としてつながり、未来に夢をつないでいくということを目的に、「野球振興」「こども支援」「地域活性」、3つの柱を中心に掲げている。
 
※②フレンドリーシティとは
株式会社西武ライオンズと連携協力に関する基本協定を締結している市町。
 
 
◇46番目のフレンドリーシティにちなみ背番号46の鈴木将平選手のコメント
 
行田市が僕の背番号と同じ46番目のフレンドリーシティになると聞いて親近感が湧いています。今季は、開幕スタメン、そしてレギュラー定着を目指して頑張ります。メットライフドームに来てぜひ、応援してください!

【次ページ】市長コメント
1 2


  • 記者募集