データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ベイスターズが今季も圧倒、阪神・巨人はベテランが引退…2019年の助っ人外国人選手の成績は?<セ・リーグ上位3球団>

2019/12/02

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



DeNA


 DeNAは、昨季に続いて助っ人が躍動するシーズンとなった。
 
 昨季テスト生から一躍本塁打王に輝いたソトは、今季もその打棒を緩めることなく、本塁打(43本)、打点(108打点)の二冠を達成。主軸としてチームを率いた。また、ベテランのロペスも、打撃成績こそ数字を落としたものの、4年連続5度目となるゴールデングラブ賞を獲得するなど、リーグ2位への躍進に貢献した。
 
 投げては、来日3年目の左腕エスコバーが、セットアッパーとしての資質を大きく開花させ、リーグ最多の74試合に登板するなど、フル回転の活躍を見せた。ソト、ロペス、エスコバー、そして3年間で91HPのパットンの残留が決定しているDeNAは、来季も助っ人の活躍でシーズンを優位に進めていくはずだ。

【次ページ】阪神
1 2 3 4



  • 記者募集