データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季最高の選手は? MVPは巨人・坂本勇人、山口俊、広島・鈴木誠也の三つ巴か【セ・リーグ編】

2019/11/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



 NPBのアワード表彰がいよいよ明日26日に迫っている。今回は、その中でも特に注目が集まるMVPの候補を予想していく。優勝に貢献した選手、圧巻の個人成績を残した選手ら、誰が獲得してもおかしくないラインアップとなっている。まずはセントラル・リーグ編だ。
 
 今季のセ・リーグは読売ジャイアンツが久しぶりのリーグ制覇。その中で最も中心となって活躍した選手といえば、真っ先に名前があがるのが坂本勇人内野手だ。負担が大きいと言われる遊撃のポジション、主に2番を任された中で、143試合出場、打率.312、40本塁打、94打点、OPS(出塁率.396+長打率.575).971を挙げた。遊撃手としてのシーズン40本塁打は史上2位、キャプテンとしてチームを引っ張る姿も印象的な1年だった。
 
 対抗馬となりそうなのは、ポスティングによるMLB挑戦を表明した山口俊投手(読売ジャイアンツ)、鈴木誠也外野手(広島東洋カープ)らだ。
 
 山口は26試合に登板して15勝4敗、170回で奪三振188、防御率は2.91だった。最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルは手にしたものの、沢村賞は該当者なしと、獲得できなかった。鈴木は140試合出場、打率.335、28本塁打、87打点、OPS(出塁率.453+長打率.565)1.018を記録。首位打者と最高出塁率を獲得し、坂本とも数字の上では互角だが、チームは4位に沈んだ。
 
 坂本が頭一つ抜けるのは事実だが、それぞれにアピールポイントがあるのもまた事実。激戦のセ・リーグで最も価値を発揮したのは誰だろうか。
 
 
パ・リーグ編




  • 記者募集