データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤクルトが来季コーチ陣を発表、一軍投手コーチに斎藤隆氏 日米で経験豊富、MLBで若手育成も

2019/10/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



今季までMLBパドレスのアドバイザー

 東京ヤクルトスワローズは29日、来季のコーチングスタッフを球団公式サイトで発表。斎藤隆氏が一軍投手コーチとして就任した。
 
 ヤクルトが来季の一軍投手コーチとして斎藤氏を招聘した。現在49歳の斎藤氏は、東北高、東北福祉大を経て1991年ドラフト1位で大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団。1998年には13勝を挙げリーグ優勝と日本一に貢献した。
 
 2006年には海を渡りロサンゼルス・ドジャースに移籍。最速99マイル(約159キロ)の速球やスライダーなどを武器に1年目から24セーブをマークすると、2年目には39セーブとチームの守護神として活躍した。
 
 その後、ボストン・レッドソックス、アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブリュワーズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスと渡り、2013年からは東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍して日本球界に復帰。3年間プレーした後に2015年に現役を引退した。
 
 日本プロ野球(NPB)での通算成績は16年間で403試合、91勝81敗、14ホールド55セーブ、防御率3.75。メジャーリーグ(MLB)での通算成績は7年間で338試合、21勝15敗、39ホールド84セーブ、防御率2.34だった。
 
 2015年からはサンディエゴ・パドレスのインターンとして球団編成部で実務経験を積み、2017年には同球団のアドバイザーに就任。若手選手の育成などに携わった。
 
 横浜での日本一だけでなくメジャーでも4度のポストシーズンを経験した斎藤氏。今季チーム防御率4.78で82敗を喫しリーグ最下位となったヤクルトとしては、投手を中心としたチーム再建へ向けて重要なピースとなることは間違いないだろう。

1 2