データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本シリーズ速報】崖っぷち巨人、岡本和真の2ランで1点差! 代打・阿部慎之助は死球も後続凡退

2019/10/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



代打・石川慎吾が倒れ同点ならず…終盤の攻防に突入

 読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスによる「SMBC日本シリーズ2019」第4戦が23日、巨人の本拠地東京ドームで行われ、巨人が岡本和真内野手の2ラン本塁打で1点差に詰め寄った。
 
 勝てば日本シリーズ3連覇となるソフトバンクは4回、巨人先発の菅野智之投手から5番のジュリスベル・グラシアル外野手がバックスクリーン左へ3ラン本塁打を放ち先制する。
 
 一方、巨人はソフトバンク先発の和田毅投手に対して5回まで無得点と苦戦。しかし、6回に2番手のロベルト・スアレス投手から4番の岡本和真内野手が右中間スタンドへ2ラン本塁打を叩き込み2-3と1点差に詰め寄った。
 
 なおも2死一塁で、今季限りでの引退を表明している阿部慎之助捕手が代打で登場。ソフトバンク3番手の嘉弥真新也投手に対して、一発が出れば逆転という場面だったが死球で出塁し一、二塁となる。
 
 徐々に流れが変わりつつある中で、巨人はここで代打・石川慎吾外野手を起用。しかし、石川はソフトバンクの甲斐野央投手の前に遊ゴロに倒れて同点、逆転はならなかった。