データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本シリーズ速報】ソフトバンクが快勝で3連覇へ好発進 千賀滉大7回1失点、打線は終盤ビッグイニング

2019/10/19

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



投手戦でエースの意地!7回のピンチしのぎ渾身のガッツポーズ

 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2019」第1戦が19日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが7-2と快勝して先勝した。
 
 2000年以来19年ぶりとなった日本シリーズでの両者の対決。先手を取ったのは巨人。ソフトバンク先発の千賀滉大に対して、2回に指名打者の5番・阿部慎之助捕手が右中間スタンドへソロ本塁打。今季限りでの引退を表明した男の一発で1点を先制した。
 
 対するソフトバンクも、直後の攻撃で巨人先発の山口俊投手に対して1死から今宮健太内野手の二塁打でチャンスを作ると、続く6番のジュリスベル・グラシアル内野手が左中間スタンドへ逆転2ラン本塁打を放ち2-1とリードを奪い返した。
 
 序盤から点の取り合いとなったが、3回以降はお互いにゼロ行進。千賀が4回、5回と2イニング連続で3者凡退とするなど立ち直りを見せれば、山口も4回まで毎回奪三振、5回は全てフライアウトで3者凡退に打ち取り、2-1のまま前半を折り返した。
 
 そして6回、ここまで被安打1の千賀は2番・坂本勇人内野手を二ゴロ、3番・丸佳浩外野手を空振り三振、4番の岡本和真内野手は右邪飛に打ち取りこの試合4度目の3者凡退とした。
 
 この千賀の好投に応えたいソフトバンクは、直後の攻撃で1番の牧原大成内野手が右翼線への二塁打で出塁し、この試合初めて先頭打者が出塁する。続く今宮が送りバントを決め1死三塁とすると、3番の柳田悠岐外野手は申告敬遠で一、三塁となる。
 
 ここで4番のアルフレド・デスパイネ外野手に対して山口が投じたフォークはすっぽ抜けて死球。ソフトバンクとしては1死満塁と絶好のチャンスを迎えた。このチャンスに、5番の中村晃外野手が中堅への浅い犠飛を放ち1点を追加。投手戦の中での貴重な追加点で3-1とリードを広げた。
 
 久しぶりに援護をもらった千賀だったが、終盤7回に2死走者なしからアレックス・ゲレーロ外野手に右前安打を許すと、田中俊太内野手の左翼への当たりはグラシアルがファンブルして二、三塁のピンチを招く。
 
 しかし、千賀はこの試合初めて迎えたピンチにも動じず。代打の重信慎之介外野手をカウント2-2から147キロのカットボールで見逃し三振に仕留めて3アウト。バッテリーを組む甲斐拓也捕手とともに渾身のガッツポーズを見せた。
 
 ソフトバンクは8回、この回からマウンドに上がった巨人2番手のスコット・マシソン投手に対して先頭の松田宣浩内野手が二塁打で出塁すると、その後1死二、三塁として牧原が巨人3番手の田口麗斗投手から中前へ適時打を放って2点を追加。
 
 さらに柳田の適時打、代打・福田秀平外野手の内野ゴロの間の得点で2点を加えて、この回怒涛の攻撃で一挙4得点を挙げて7-1とした。
 
 千賀は8回のマウンドには登らず。この日は7回106球を投げて被安打3、与四球3、奪三振5、失点1の内容でリリーフに後を託す。そして8回はルーキーの甲斐野央投手が無失点に封じると、9回はクローザーの森唯斗投手が大城卓三捕手にソロ本塁打を浴びたものの、後続を打ち取って試合終了。ソフトバンクが7-2で勝利し、日本シリーズ3連覇へ向けて好スタートを切った。