データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ドラフト速報】「BIG3」佐々木朗希は千葉ロッテ、奥川恭伸はヤクルト、森下暢仁は広島が交渉権獲得! 12球団のドラフト1位が確定

2019/10/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



中日が4球団競合の東邦高・石川昂弥の交渉権GET

「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、東京都内で行われ、12球団のドラフト1位指名選手が確定した。
 
 最速163キロを誇る、大船渡高の佐々木朗希投手は4球団競合の末、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得。また、今夏の甲子園で準優勝に輝いた星稜高のエース奥川恭伸投手は3球団が競合し、抽選で東京ヤクルトスワローズがくじを引き当てた。
 
 そして佐々木、奥川とともに「BIG3」に数えられた明治大の森下暢仁投手も競合が予想されたが、こちらは広島東洋カープが「一本釣り」。プロへの道のスタートラインに立った。
 
 その他、大砲としての素質が高評価される東邦高の石川昂弥内野手は、3球団の強豪の末に高校と同じ東海地方の中日ドラゴンズが交渉権を獲得。与田剛監督は昨年の根尾昂に続いて2年連続の「当選」となった。
 
 また、今季のセントラル・リーグを制した読売ジャイアンツは2度の抽選に外れて青森山田高の堀田賢慎投手を1位指名。パシフィック・リーグ覇者の埼玉西武ライオンズは社会人野球・東芝の宮川哲投手を巨人との抽選に勝利して交渉権を獲得した。
 
 12球団の1位指名は以下の通り。
 
<セ・リーグ>
ヤクルト:奥川恭伸・投手(星稜高)
中日:石川昂弥・内野手(東邦高)
広島:森下暢仁・投手(明治大)
阪神:西純矢・投手(創志学園高)
DeNA:森敬斗・内野手(桐蔭学園高)
巨人:堀田賢慎・投手(青森山田高)
 
<パ・リーグ>
オリックス:宮城大弥・投手(興南高)
日本ハム:河野竜生・投手(JFE西日本)
ロッテ:佐々木朗希・投手(大船渡高)
楽天:小深田大翔・内野手(大阪ガス)
ソフトバンク:佐藤直樹・外野手(JR西日本)
西武:宮川哲・投手(東芝)




  • 記者募集