データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【9月の月間MVP】セは阪神・西勇輝と中日・福田永将、パは西武・ニールとオリックス・吉田正尚

2019/10/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



福田とニールが初受賞

 日本野球機構は(NPB)は15日、9月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。セ・リーグは、阪神タイガースの西勇輝投手と中日ドラゴンズの福田永将内野手、パ・リーグは埼玉西武ライオンズのザック・ニール投手とオリックス・バファローズの吉田正尚外野手が選出された。
 
 阪神・西は、オリックス時代の2014年3、4月度以来自身2度目の受賞。9月は、先発した全4試合で全て勝利し、リーグ唯一の4勝(無敗)、防御率1.93(自責点6)とリーグトップの成績を残した。西の活躍もあり、阪神は劇的な連勝でクライマックスシリーズ進出を決めた。
 
 セ・リーグ打者部門は、中日の福田がプロ13年目で初受賞。リーグトップの29安打に加え、打率.330、21打点など、打撃成績で上位に名を連ねた。また、得点圏打率.409、殊勲打6度と勝負強さも発揮した。
 
 パ・リーグ投手部門は、西武のニール。リーグトップの4勝、防御率0.66、27回1/3を投げて与四球0と、西武投手陣において圧倒的な存在感を放った。自身は外国人最多タイとなる11連勝を飾っている。
 
 オリックス・吉田正は、安打(27安打)、本塁打(7本)でリーグトップの成績。7月に続いて今季2度目の受賞となった。
 
 
データで見る9月の月間MVPは?