データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川相昌弘、ドラフト4位の肖像#5――「びっくりしましたね。まさかの巨人だって」

ドラフト四位指名―ドラヨンに結果を残している選手が多い。ドラフト一位指名は、その時点で同年代の野球少年の最前列にいると認められたことになる。その意味で、ドラヨンは、二列目以降の男たちとも言える。そんな“ドラヨン”で入団した野球選手を追った10/16発売の新刊「ドラヨン」から一部抜粋で公開する。

2019/10/18

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , , , ,



「ピッチャーも野手も両方無理だろうって思っていましたよ」

 投手ではなく内野手として考えていると言ったスカウトもいた。上背のない川相は投手としてはプロ野球では難しいだろうと自覚していた。しかし、内野手としてグラウンドに立っている姿も想像できなかった。
 
「ピッチャーも野手も両方無理だろうって思っていましたよ」
 
 そうは言いながら、プロ野球選手名鑑をぱらぱらと捲りながら、内野手の手薄なチームを探したこともあった。その中でここだけは無理だと思った球団が一つだけあった。子どもの頃から憧れていたジャイアンツである。
 
「当時の内野のレギュラーは、中畑清さん、篠塚和典さん、原辰徳さん、河埜和正さんでした。二軍にもいい選手が沢山いました。いくらセンスを買ってくれても、ここで出られるはずがないと思っていました」
 
 最年長の河埜が三一歳、他の選手はみな二○代だった。彼らはみな若く、しばらくは内野手のポジションに空きは出ないはずだった。
 
 ドラフト当日、川相はいつものように授業を受けていたという。午後二時半過ぎ、監督が川相の教室にやって来た。
 
「巨人が指名をしたって呼びに来たんです。びっくりしましたね。まさかの巨人だって」
 
 あとからジャイアンツ、近鉄バファローズ、ヤクルトスワローズが重複指名し、ジャイアンツが交渉権を獲得したことを知った。
 
「近鉄は熱心に誘ってくださった球団の一つだったんです。(地元の岡山から)近いので近鉄、南海(ホークス)はあり、かなと思っていました。ヤクルトに指名されたのはびっくりしましたね」
 
 この年、ジャイアンツは一位で早稲田実業の荒木大輔を指名していた。くじ引きで荒木の交渉権はスワローズが獲得。そして外れ一位で市立川口の斎藤雅樹を指名している。
 
 なお川相の同級生、本間は日本ハムファイターズから四位で指名された。

1 2 3 4 5





  • 記者募集