データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川相昌弘、ドラフト4位の肖像#4――「早稲田実業との対戦は望むところだった」

ドラフト四位指名―ドラヨンに結果を残している選手が多い。ドラフト一位指名は、その時点で同年代の野球少年の最前列にいると認められたことになる。その意味で、ドラヨンは、二列目以降の男たちとも言える。そんな“ドラヨン”で入団した野球選手を追った10/16発売の新刊「ドラヨン」から一部抜粋で公開する。

2019/10/17

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , ,



早実には「負けてたまるかっていう気持ちがありました」

 岡山南は一回戦で北海道代表の北海と対戦した。
 
 四回表、四番の本間が初球を右翼のラッキーゾーンに本塁打を打ち、二点を先制した。しかし、川相が六回に二点を失い同点に追いつかれる。七回、岡山南は三番の横谷総一の適時打で一点を挙げ、これが決勝点となった。二年生の横谷は翌年、ドラフト外で阪神タイガースに入ることになる。
 
 二回戦の相手は荒木大輔のいる早稲田実業だった。
 
 甲子園には時折、その世代の太陽のような選手が現れる。高校一年生の夏、甲子園に颯爽と現れた荒木はまさに燦々と輝く太陽だった。少年の面影を残した端正な顔つき、野球選手としては華奢な躯。そして早稲田実業という名門校のユニフォームが、彼をさらに魅力的に見せていた。
 
 早稲田実業との対戦は望むところだった。
 
「嬉しかったですね。荒木大輔の他、亡くなりましたけどキャプテンの小沢がいて、そして板倉もいました。有名なチームでしたし、対戦できるのは本当に嬉しかった。負けてたまるかっていう気持ちがありました」
 
 早稲田実業の小沢章一は荒木と共に一年生の夏から甲子園に出場していた好守の二塁手だった。早稲田大学に進んだが怪我により、野球を断念。二〇〇六年一月に肝臓癌で死去している。二年生の板倉賢司は翌年のドラフト三位で横浜大洋ホエールズに入った。

1 2 3



  • 記者募集