データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ・バティスタ、アンチ・ドーピング違反で半年間の出場停止処分「禁止物質が自分の成績を上げる助けにはならない」

2019/09/03

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 日本野球機構(NPB)は3日、広島東洋カープのサビエル・バティスタ外野手にアンチ・ドーピング規定違反に対する制裁を通告し、2019年9月3日から2020年3月2日まで、6カ月間の出場停止処分を科すと発表した。
 
 バティスタは、6月7日に行われた競技会ドーピング検査の対象選手となると、検査の結果、WADA禁止表国際基準の禁止物質「S4.ホルモン調節薬および代謝調節薬」で指定されている「クロミフェン」とその代謝物である「ヒドロキシクロミフェン」が検出。バティスタは、意図的な摂取はないと述べており、この日処分が下された。
 
 バティスタは今季103試合に出場し、打率.269、26本塁打、64打点といずれも自己最高の成績をマークしていた。
 
 バティスタは球団を通じて、「今回禁止物質の陽性反応がありましたが、意図的に摂取していないことをお伝えしたいです。どうか皆様、私を信じてください。 私は禁止物質が自分の成績を上げる助けにはならないと考えているため、今までにステロイドや、成績を上げるために使用されるようなその他の薬品を使用したことは一度もありません。
 
 これからの私にできる唯一のことは、今後選手としてプレイできるよう毎日一生懸命練習していくことだけです。 もしカープ球団に契約を継続してもらえるなら、カープの勝利に貢献し優勝できるよう、全てに対して100%の力で臨み、最善を尽くしたいです」とコメントしている。




  • 記者募集