データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク・グラシアルは3安打2打点の活躍。キューバ代表がアルゼンチンに快勝、5・6位決定戦へ

2019/08/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



モイネロ、マルティネスは出場なし

 現在、南米ペルーで開催されているパンアメリカン大会に参戦中の野球キューバ代表は、現地7月31日(日本時間8月1日)に予選グループリーグ第3戦目となるアルゼンチン戦に臨み、10-0(7回コールド)と大勝を収めた。同日、キューバメディア『クーバ・デバーテ』が報じている。
 
 グループBに入ったキューバは、コロンビア、カナダに連敗を喫し、早々にグループリーグ敗退が決まっていたが、この日は同じく予選敗退が決まっていたアルゼンチンに14安打、10得点の猛攻で大勝した。3試合連続「3番・レフト」でスタメン出場のジュリスベル・グラシアル選手(福岡ソフトバンクホークス)は4打数3安打2打点の活躍を見せた。
 
 この日の勝利でグループBの3位が確定したキューバは、現地8月3日(同4日)、グループA(プエルトリコ、ドミニカ共和国、ペルー、ニカラグア)の3位チームと5、6位決定戦を行うことになっている。
 
 以下、予選グループでのキューバ代表、NPB所属選手の成績
 
第1戦 コロンビア6-1キューバ
第2戦 カナダ8-6キューバ
第3戦 キューバ10-0アルゼンチン
 
グラシアル 3試合 打率.308(13打数4安打)、3打点
リバン・モイネロ投手(ソフトバンク) 1試合 3回無失点 奪三振7
ライデル・マルティネス投手(中日ドラゴンズ) 1試合 2回1失点 奪三振1
 
 
高橋康光