データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ、「謎の魚」等身大ボブルヘッド人形の売約成立 価格は357万円、『果報は寝て待て』

2019/05/14

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは14日、昨年6月22日から357万円(税込)で販売開始した球団公式キャラクター「謎の魚」の等身大ボブルヘッド人形の売約先が決定したと発表した。
 
 製作日数およそ3カ月、ガラス繊維強化プラスチックで作られた高さ190センチ、重さ65キロの等身大ボブルヘッド人形を購入したのは、株式会社七夢(千葉市緑区)。同企業の山本社長は、球団を通じて「今シーズン、縁あって年間シートを契約するに至りZOZOマリンスタジアムに観戦に訪れた際に謎の魚ボブルヘッドに一目惚れしました。シーズン中はファンの皆様に見てもらうためにマリーンズショップに展示してもらい、シーズンオフは市原にあるグループ関連企業に展示する予定です」と語っている。
 
 また、球団公式キャラクター謎の魚は、「私の好きな言葉に『果報は寝て待て』というものがあります。関係者諸君はなかなか売れないと焦っており、叩き売りをする寸前でした。ただ、それを私がストップをかけたのです。やはり正解でしたね。私は絶対に勝つ戦以外、興味はないのです。グフフフ。買ってくださった方に一言。消費税アップ前に買った貴方は人生の勝ち組です。私が歌手デビューした際にはディナーショーにご招待して差し上げますよ。グフフフフ」とコメントした。