データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人・坂本勇人、イチローとの対面に感動 18日の試合は「ファン目線で見たい」

2019/03/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 
<読売ジャイアンツ 4-6 シアトル・マリナーズ>17日・東京ドーム
 
 読売ジャイアンツは17日、「2019 MGM MLB 開幕戦プレシーズンゲーム」でイチロー外野手が所属するシアトル・マリナーズと対戦。4-6で惜敗するも、2番坂本勇人内野手が本塁打を含む3安打3打点の活躍を見せた、
 
 坂本勇は3回に同点に追いつく適時打、5回には追加点となるソロ本塁打、最終回にも意地を見せる適時打を放ち、5打数3安打1本塁打3打点の活躍でメジャー相手に存在感を示した。試合後、坂本勇は「結果が出ているということは少し安心しました」と振り返った。
 
 相手投手については「ボールが動くのは、メジャーのピッチャーっぽいなと。日本ではなかなかいないタイプの投手なので、コンパクトにセンター方向を意識しながらバッティングしました」とコメントした。
 
 この日は試合前にイチロー外野手に挨拶をした坂本勇。「気さくに声をかけていただいたので、本当に感動しました。ちゃんと会話するのは初めてだったので、『初めまして、坂本です』と挨拶したんですけど、『初めましてじゃねえだろ』と認識していただいていたので、すごく嬉しかったです」とチームでは主将を務める男も、少年のように語った。
 
 巨人は18日にも東京ドームでマリナーズとの試合を予定。坂本勇は「(イチローさんの)走る姿や打席に立っている姿を見れるだけでもすごく幸せなこと。明日も少しファン目線で見たいです」と胸を弾ませた。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部